日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 老化研究の最先端をビジネスに  > 【PR】NOMONが拓く「楽しく人生を全うする」未来  > 3ページ目
印刷

老化研究の最先端をビジネスに

【PR】NOMONが拓く「楽しく人生を全うする」未来

機能性素材で「健康長寿」の実現を目指す~老化に向き合う会社、NOMON経営者インタビュー~

老化制御に有用な成分NMNに注目

NOMONはニュートラシューティカル製品で老化抑制を目指していますが、そもそも老化とは制御できるものなのでしょうか。

山名 混同されがちなのですが、加齢と老化はイコールではありません。老化とは、加齢に伴う身体機能の低下。今のところ、ヒトは老化しますが、全員が一様に老化するわけではなく個体差があります。また、生き物の中には老化しないものもいます。例えばロブスターは老化しない。歳を取れば取るほど大きくなるし生殖能力も高まります。ベニクラゲは若返り能力があることが確認されています。そうしたメカニズムが分かれば、老化の制御は可能なはずです。

現在、世界では老化制御の研究はどの程度進んでいますか。

山名 既に証明されているのは、カロリー制限をすることでサルの寿命が延びるというところまでですね。ヒトに関しては今、試験が行われている最中で、まだ証明はされていません。ただマウスなどでは健康寿命や寿命を延ばす様々な候補物質があることが確認されています。その一つがニコチンアミドモノヌクレオチド(NMN)です。NMNを摂取すると体内でニコチンアミドアデニンジヌクレオチド(NAD)という物質に変換されます。一方、NADはすべての細胞がエネルギーを生み出し、老化を制御するために必要な物質ですが、加齢とともに急激に減少してしまいます。つまり、NMNを摂取することでNADを補充し、老化を抑えることが期待できるのです。壊血病の予防にビタミンC、脚気(かっけ)の予防にビタミンB1をとるのと同じで、老化の抑制のためにNMNをとる。NMNは“抗老化ビタミン”のようなものです。

NMNの摂取で、老化に伴い減少するNADを補充できる(図=NOMON提供の図を基に編集部で改変)
NMNの摂取で、老化に伴い減少するNADを補充できる(図=NOMON提供の図を基に編集部で改変)
[画像のクリックで拡大表示]

 実際の研究では、2016年に米国のワシントン大学の今井眞一郎教授が発表した論文で、NMNを投与したマウスの全身の組織で老化が抑制されたことが明らかになりました。現在、複数の機関がヒトでのNMNの作用について検証中です。例えば大阪大学では身体的フレイルを伴う65歳以上の糖尿病の男性を対象に臨床試験を行っています。

 日本人の高齢者が時代とともに体力的に若返っているというデータもあります。高齢者の歩行速度は年々向上し、2017年の85歳以上の歩行速度は25年前に比べ男性で約10歳、女性で約20歳若い年代と同等になっています。栄養の改善や生活スタイルの変化のほか、健康に関する知恵が共有され、一人ひとりのヘルスリテラシーが向上したことが要因だと見ています。若返りはできるということです。

 避けなくてはならないのはネガティブスパイラルに入り込むこと。歩行速度が落ちて信号を渡りきるのが難しくなってしまった高齢者は街に出ようとはしません。そうすると一層、神経の機能や筋力が落ちて歩くことが困難になってしまいます。

NOMONでは健康維持に科学的根拠を持つ“ニュートラシューティカル”としてNMNを販売していますね。どのようなものがありますか?

山名 NOMONがニュートラシューティカル事業の第1弾として2019年5月に発売したのがNMNを配合したサプリメントです。また、第2弾として昨年11月には本わさびの根茎から抽出した健康成分わさびスルフォラファンを含むサプリメントも発売しました。わさびスルフォラファンには、活性酸素を発生させないよう細胞に働きかける抗酸化作用があります。また、体内のNRF2という分子を活性化し、環境などの外的ストレスや活性酸素など内的ストレスの影響を受けにくくします。

 サプリメント開発に当たっては様々な情報を精査しましたが、老化の抑制に効きそうな物質はそれほど多くありません。いずれの製品も、その中で細胞の根源的なところにアプローチする、老化抑制の上で外せない成分を取り入れた製品です。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

  • 長年の悩み「腰痛」を解消! 痛みを和らげる体操4選

    腰痛は日本人の国民病とも言える身近な症状だ。特に問題なのは、原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう「慢性腰痛」だ。長年にわたって慢性腰痛で悩む人は少なくない。そこで、今回は長引く腰痛の解消が期待できる体操を一挙紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.