日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > トピックス  > 大流行の可能性の「新型ノロウイルス」、対策は?  > 2ページ
印刷

トピックス

大流行の可能性の「新型ノロウイルス」、対策は?

かかりやすいだけに、とにかく「手洗いの徹底」を!

 大谷珠代=日経Gooday

Check3 手洗い後は水気を拭き取る・まき散らさない
 手洗いの後、手をぶるんぶるんと振って水気を飛ばす人もいるが、そうすると、手に残っていたウイルスが飛び散る可能性もあるので、ペーパータオルか手持ちのハンカチで水気を拭き取ろう。

 また、手洗いの仕上げ用にアルコール系の消毒薬を置いてあるトイレもあるが、「アルコール系の消毒薬は、手洗いの代わりにはならないが、手を乾きやすくしたり、ペーパータオルで拭き取る際の仕上げに使うなどして積極的に利用するとよい 」(片山室長)。

Check4 便座や便器の蓋は拭く
 トイレでは、便座を通じて感染することもあるため、便座クリーナーや流せるタイプのウェットティッシュなどで便座を拭いてから使用すること。拭けるものがない場合、紙製の便座用シートやトイレットペーパーを敷いて使うのも有効だ。なお、便座だけでなく、便器の蓋にもウイルスが付いている可能性があるので、便座を拭く際は、できれば蓋の裏まで拭きたい。アルコール系の便座クリーナーなども、拭き取るための補助として積極的に利用するとよいだろう。

Check5 人ごみではマスクの着用を
 マスクは意味がないと言う人もいるが、人ごみに出る際はおすすめだ。「ノロウイルスは単独で飛ぶことはなく、水滴や埃に乗って飛んでいるので、埃や水滴が口に入るのを防げれば十分であり、ウイルスを通さないような高価なマスクでなくても大丈夫」(片山室長)だという。また、「マスクをしていると食べ物を食べる前に手を洗うことを思い出すきっかけになり、その意味でもマスクの着用はおすすめ」だそうだ。

 11月になりぐっと冷え込むことが多くなった。ノロウイルスの感染は、急に気温が低下したときに増える傾向があるそうなので、これからのシーズンは特に注意したい。予防策や対策については、「ノロウイルス、どうすればうつらない? うつさない?」の記事もご参考に。

片山和彦(かたやま かずひこ)さん
国立感染症研究所ウイルス第二部第一室室長
上西一弘(うえにし かずひろ)さん

1985年、東京農工大学蚕糸生物学科卒業、株式会社ビー・エム・エル基礎研究部を経て、1990年、国立予防衛生研究所(現、感染症研究所)協力研究員に。2001年、国立感染症研究所ウイルス第二部主任研究官、2005~2007年、米国ベイラー医科大学分子ウイルス学部メアリー・エステス教授の研究室にリサーチアソシエートとして留学、2009年、国立感染症研究所ウイルス第二部第一室室長に。2014年より東北大学大学院医学系研究科大学院非常勤講師を兼任。国際ウイルス分類委員会(ICTV)・カリシウイルス研究グループメンバー、国際カリシウイルス会議役員。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「糖尿病」は予備群のうちに手を打つ

    話題の「食後高血糖」や「血糖値スパイク」って? 気になる最新情報を総まとめ

  • 男性ホルモンを増やす5つのポイント

    年齢とともに、男性ホルモンの低下から、体調が優れない、イライラする、よく眠れないという症状が表れる。こうした状態を放っておくと、身体機能の低下やうつ病、メタボリック症候群などの病気リスクが高まってしまう。男性ホルモンについて正しく理解し、どのように生活習慣を改めれば男性ホルモンが増え、ハツラツとした生活を取り戻せるのかについて、5つのポイントにまとめて紹介しよう。

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.