日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > トピックス  > 大流行懸念される「新型ノロウイルス」、なぜ怖い?  > 2ページ
印刷

トピックス

大流行懸念される「新型ノロウイルス」、なぜ怖い?

国立感染症研究所が異例の「ノロウイルス大流行」の予測を発表した理由

新型ウイルスが主流になると感染者が増えるワケ

 新型ウイルスが怖いのは、一つは、人がそれまでに獲得した免疫が役に立たなくなると考えられているためだ。もう一つは、医療機関で使われているノロウイルスの診断キットでは検出できないことがあるという点だ。

 ノロウイルスは、一度感染すると、1年から1年半程度は、同じ型のウイルスに連続して感染することはまずないとされている。「逆に同じ型でもほんのちょっと変わるだけで感染する可能性があり、2006/07年のシーズンにノロウイルスが史上最大の流行となったのも、それまでと同じGⅡ.4型ながらほんの少し変化したことが原因だったといわれている。今年はGⅡ.4からGⅡ.17にガラッと大きく変わる可能性があり、となると免疫を持っている人はほとんどいないので、感染する人が増える可能性が非常に高い」(片山室長)。

 また、ノロウイルスの診断キットは3歳未満、65歳以上の人には保険適用されており、感染で重症化しやすい年齢層は従来これでカバーできていたが、今年は診断をキットに頼ってしまうと、ノロウイルスなのにノロウイルスではないという診断を下す可能性もある。

 「そうなると、二次感染、三次感染を食い止められなくなる。そのようなことがないよう、キットに頼るのではなく、嘔吐、下痢など、臨床診断によってノロウイルスへの感染が強く疑われる場合は、ノロウイルスとして対処するよう厚生労働省を通じて医療機関に呼びかけている」(片山室長)という。

 今冬は新型ノロウイルスが流行する可能性があること、それがひとたび流行すれば、感染者が加速度的に増え、かつてないほどの大流行となる可能性があることは分かった。では、私たち一人ひとりはどんなことに気を付ければいいのか。具体的な対策については明日公開の続編(「大流行の可能性の「新型ノロウイルス」、対策は?」)で紹介する。

片山和彦(かたやま かずひこ)さん
国立感染症研究所ウイルス第二部第一室室長
上西一弘(うえにし かずひろ)さん

1985年、東京農工大学蚕糸生物学科卒業、株式会社ビー・エム・エル基礎研究部を経て、1990年、国立予防衛生研究所(現、感染症研究所)協力研究員に。2001年、国立感染症研究所ウイルス第二部主任研究官、2005~2007年、米国ベイラー医科大学分子ウイルス学部メアリー・エステス教授の研究室にリサーチアソシエートとして留学、2009年、国立感染症研究所ウイルス第二部第一室室長に。2014年より東北大学大学院医学系研究科大学院非常勤講師を兼任。国際ウイルス分類委員会(ICTV)・カリシウイルス研究グループメンバー、国際カリシウイルス会議役員。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツNEW

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

  • 60代以降で急増! 男を悩ませる前立腺の病気

    中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.