日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > トピックス  > メガネ型のセンサー搭載新端末「JINS MEME」をいち早く体験!
印刷

トピックス

メガネ型のセンサー搭載新端末「JINS MEME」をいち早く体験!

ランニングフォームの乱れをセンサーでチェック

 原如宏=ITライター

 「フレームとレンズ込みで4900円(税別)~」という料金体系でお馴染みのメガネブランド「JINS(ジンズ)」を運営するジェイアイエヌから、新コンセプトの製品が登場した。それがセンシング・アイウェアの「JINS MEME(ジンズ・ミーム)」。フレームに頭部の動きを検知するセンサーを搭載したメガネ型のウェアラブル端末だ。

「JINS MEME ES」(税別3万9000円)。有料になるが度付きレンズや、車の運転に適したレンズにも変更できる。
[画像のクリックで拡大表示]
「JINS MEME MT」(税別1万9000円)。激しい動きでもずれにくい。夜間でも使いやすいクリアレンズにも変更可能(税別2000円)。
[画像のクリックで拡大表示]

日常使い用とスポーツ用の2機種を展開

 JINS MEMEのラインアップは2種類。動きの向き、距離、速度を検知できる「6軸センサー」に加え、まぶたなどの動きを検知する「3点式眼電位センサー」搭載の「JINS MEME ES」(税別3万9000円)と、6軸センサーのみを搭載する「JINS MEME MT」(税別1万9000円)。前者は日常使いに向いたモデルであるのに対して、後者はフィットネスに特化したモデルとなる。新たにオープンしたJINS MEMEの旗艦店「JINS MEME フラッグシップストア 原宿」をはじめ、全国38店舗のJINSショップとオンラインショップで2015年11月5日に発売された。

11月5日にオープンしたJINS MEMEの旗艦店「JINS MEME フラッグシップストア 原宿」。
[画像のクリックで拡大表示]
一般的な黒フチフレームのデザインを採用したJINS MEME ES。「JINS MEME フラッグシップストア 原宿」の店頭では、試用ブースが用意されている。
[画像のクリックで拡大表示]

 JINSから「一風変わったウェアラブルデバイスが登場する!」。そんな話を聞きつけ、本サイトでコラム「話題の健康ツール試し斬り」を担当する私、ライターの原がJINS MEMEの報道関係者向け内覧会へと出向いた。詳細なレビューは次回のコラムに回すとして、まずはどういった製品なのかを解説してみたい。

 気になるのは、一体何ができるのか? 普通のメガネと何が違うのか? という点だろう。JINS MEMEといっても、見た目は普通のメガネ、スポーツ用のサングラスと変わらない。違いを感じられるのは、メガネを耳にかけるためにあるテンプル(ツル)の先端部が幅広のデザインになっていることくらいだ。実はここに、6軸センサーやスマートフォンと無線接続するための通信機、本体を起動するバッテリーなどが内蔵されている。

JINS MEMEのテンプル部。先端の幅が広くなり、ここにセンサーやバッテリーなどを搭載する。
[画像のクリックで拡大表示]
JINS MEME ESは、鼻バッド部分に独自開発した「3点式眼電位センサー」を搭載。
[画像のクリックで拡大表示]
テンプル部の先端には充電用のマイクロUSB端子がある。
[画像のクリックで拡大表示]

 少し変わったテンプル部だが、装着してみると普通のメガネ、スポーツサングラスと変わらなかった。重さもJINS MEME ESが約36グラム(度なしUVカットレンズの場合)、JINS MEME MTが約45g。普段、筆者が愛用しているメガネと比べても違和感がない。どちらも1サイズのみの展開だが、多くの人に適合するようにデザインされている。もし、耳に痛みを感じるようなら、パッドなどをテンプル部に貼り付けて調整できるそうだ。

1/3 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 肩の痛みから高血圧まで、「姿勢の崩れ」は様々な不調の原因に

    「姿勢」が、肩こりや腰痛の原因になることを知っている人は多いだろうが、足の痛みや高血圧、誤嚥性肺炎まで、全身の様々な不調・疾患の原因になることをご存じの方は少ないかもしれない。これまでに掲載した人気記事から、姿勢と様々な病気・不調との関係について知っておきたいことをコンパクトにまとめた。

  • あなたも「隠れ心房細動」?! 高齢化で急増する危険な不整脈

    脈の速さやリズムが乱れる「不整脈」。その一種である「心房細動」は、高齢化に伴い患者数が増加しており、潜在患者も含めると100万人を超えると言われている。心房細動の怖いところは、放置すると脳梗塞などの命に関わる病気を引き起こす可能性があることだ。本記事では、心房細動の症状や早期発見のコツ、治療のポイントなどをコンパクトにまとめた。

  • 変形性膝関節症のつらい痛みを改善する運動とは?

    年を取ると多くの人が感じる「膝の痛み」。その原因で最もよくあるケースが「変形性膝関節症」だ。膝が痛いと外出がおっくうになり、体を動かす機会が減るため、そのまま何もしないとますます足腰が衰えてしまう。だが実は、変形性膝関節症の痛みをとり、関節の動きを改善するために有効なのが、膝への負担を抑えた「運動」なのだ。ここでは、膝の痛みが起きる仕組みから、改善するための運動のやり方までをまとめよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday春割キャンペーン

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.