日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > トピックス  > 高樹沙耶容疑者逮捕で遠のく医療用大麻の合法化
印刷

トピックス

高樹沙耶容疑者逮捕で遠のく医療用大麻の合法化

 倉沢 正樹=日経メディカル

©Lukas Gojda-123rf 

 10月25日、元女優の高樹沙耶容疑者が、大麻取締法違反(所持)の疑いで逮捕されたと報じられた。人気テレビドラマ『相棒』に出演していたことに加え、7月の参議院議員選挙に立候補していた経緯から、どのメディアも大きなニュースとして扱った。

 この高樹容疑者、参院選に立候補した際には、公約に「医療用大麻の合法化」を掲げていたことをご記憶の方も少なくないだろう。彼女が逮捕された今となっては、「クスリ好きの世迷い言」と片付けられてしまうかもしれない。だが、医療用大麻の合法化は、実は国際的な潮流となっているのが現実なのだ。

米国では既に半数近い州で合法化

 大麻の薬効成分は「カンナビノイド」と総称され、その種類は数十から100種類以上にも及ぶとされる。これらの成分は単独で、あるいは相互に作用することで薬効を発揮すると考えられている。

 カンナビノイドのうち主要な成分が、多幸感をもたらすなどの精神作用を有するテトラヒドロカンナビノール(THC)と、精神作用はないが様々な薬効を有するカンナビジオール(CBD)の2つだ。THCはその精神作用から、疼痛緩和や悪心・嘔吐の軽減、痙攣抑制などの効果を持つ。一方のCBDには、THCが有する効果に加え、血糖低下や抗炎症、抗菌、抗不安、がん細胞の増殖抑制などの作用もあるとされる。

 1990年代から盛んになったカンナビノイド研究の結果、上に挙げた薬効が明らかにされたことにより、欧米諸国では医療用大麻の合法化が進められてきた。1996年に米国のカリフォルニア州で住民投票により医療用大麻が合法化されたのを皮切りに、現在は半数近い州で医療用大麻が使えるようになっている。また欧州でも、1990年代末から2000年代にかけて、英国やオランダ、ベルギー、ドイツなどの国が相次いで医療用大麻の合法化に踏み切った。

 これに対し、日本では今のところ、合法化に向けた具体的な動きは見られない。大麻取締法によって、大麻の所持や嗜好品としての使用はもちろんのこと、医薬品としての使用や、そのための臨床研究も厳しく禁じられているからだ。同法第4条は、何人(なんびと)も「大麻から製造された医薬品を施用し、又は施用のため交付すること」をしてはならない、と規定している。

 とはいえ、過去には我が国でも、医療用大麻が使われた時代があった。既に近世には中国の医薬品集を通じて大麻の薬効が伝えられていたことが分かっており、江戸時代には麻酔薬や鎮痛薬、便秘薬、疫病の治療薬などとして使われたという記録が残っている。また、医薬品の規格書である日本薬局方にも、戦前までは「印度大麻草」などが収載されていた。しかし、連合国軍総司令部(GHQ)の指令により1948年に大麻取締法が制定されたのを機に削除され、以降は一切の医療用大麻の使用が禁じられることになった。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

  • あなたの腎臓、大丈夫? 急増する慢性腎臓病を防ぐ

    普段あまり意識することの少ない「腎臓」。だが近年、人口の高齢化に伴い、慢性腎臓病から人工透析へと至る患者が急増している。腎臓は、ひとたびその機能が失われると、坂道を転がり落ちるように悪化していく。そうなる前に腎臓の異常を察知し、腎機能の悪化を食い止めるにはどうすればいいのか。重要ポイントをまとめた。

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.