日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > トピックス  > 「脱毛に悩むがん患者が、普通に通える美容院を増やしたい」   > 3ページ
印刷

トピックス

「脱毛に悩むがん患者が、普通に通える美容院を増やしたい」 

乳がん患者をサポートする美容師の取り組み

 芦部洋子=ライター

「がん患者さんが普通に通える美容院を増やしたい」

美容師向けに月に一度の頻度で講習会を開催している
[画像のクリックで拡大表示]

 上野さんは、自らの美容院だけではなく、多くの美容院でがん患者のサポートができるように、2016年から美容師向けの講習を始めている。ビューティ・リングのテキストを基に教材を作り、ケアする側が知っておくべき事項、医療用ウィッグのカットの実演などを教えている。

 がん患者が増え続けている今日、抗がん剤の影響で脱毛した患者に対応できる美容師が増えれば、患者のQOL(生活の質)向上はもちろんのこと、美容師の活動の可能性も広がると思っているからだ。

 月1回の講習会には、これまで約100人の美容師が参加してきた。今後は、内容をブラッシュアップし、活動を組織化して、メディカル・スタイリストといった称号を付けて免状を出すことも考えている。「美容院の入り口に称号を記したシールを貼るなどして、抗がん剤で脱毛した人のヘアケアに対応できる美容師がいる店、と知ってもらえれば、悩める患者さんたちの受け皿になれるのではないか」と、上野さんは展望を語る。

「髪が抜ける前にショートヘアにするのがお勧め」

 上野さんに、抗がん剤治療を受ける患者へのアドバイスの一端を聞いた。「髪が抜けてしまう前にショートヘアにすることを勧めています。枕や風呂の排水溝に抜け毛がたまるので、長い毛だとボリュームが多く、患者さんのショックが大きいからです」(上野さん)。さらに、ショートヘアに慣れていると、新しい毛が生えてきたときに早くウィッグを脱ぐことができる。長く伸びるまで待つと、2年、3年とウィッグをかぶり続けなくてはならないからだ。

 また、抗がん剤の投与中に発毛剤、育毛剤を使うのはNGだ。「発毛剤、育毛剤は毛を作る細胞である毛母細胞の血行を促進するため、抗がん剤の影響を強く受けてしまうといわれています」

 上野さんらは、脱毛中にかぶる手作りウィッグの作り方も教えている。帽子やターバンに100円均一ショップで販売している前髪ウィッグをマジックテープで付けたものなどだ。

 医療用ウィッグ(*2)は高価だが、脱毛後の脆弱な頭皮を保護する作りで安心して使え、急な慶弔時のためにも1個は持っていたほうがいい。しかし、日常生活に3000円前後のおしゃれ用ウィッグや、100円ショップで手に入るようなウィッグをうまく取り入れれば、気分に合わせて様々なヘアスタイルを楽しんだり、帽子姿をより自然に見せたり、医療用ウィッグの使用頻度を下げてその劣化を防いだりできる、と考えている。

手前は、おしゃれ用の前髪ウィッグをヘアバンドに貼り付けたもの。こうしたものを頭に装着してから帽子をかぶると、より自然な帽子姿になるという提案もしている
[画像のクリックで拡大表示]
ネイルケア用に市販されている指先が二重になった手袋は、爪を保護してくれるので便利
[画像のクリックで拡大表示]

 さらに、抗がん剤投与は爪にも影響する。爪の根元にある爪母(そうぼ)細胞という爪を作る細胞が、抗がん剤の影響を強く受けることが原因だ。爪が黒ずむ、凹凸や縞のような線ができる、爪が肉から浮く、などのトラブルが起こるケースがあるが、脱毛と違って個人差が大きく、抗がん剤投与が終わると治る人が多いという。

 対策は爪を十分に保湿すること。乾燥して免疫力も弱まるので、爪専用のオイルとハンドクリームを塗るとよい。二枚爪や亀裂の原因になる爪切りはやめて、やすりで削る方法を勧め、ネイルケア用に市販されている指先が二重になった手袋を、入浴、家事、睡眠時などに利用するよう紹介している。

 上野さんは「乳がん患者さんにも普通のお客さんと同じように接しています。患者さんが喜ぶ様子を見ていると、美容師になって良かったと思うし、美容師の仕事の可能性の広がりを実感します」と語る。病と闘う患者を美しくすることで、心も体もサポートしている上野さんたち美容師の活動の意義は非常に大きい。

*2 抗がん剤治療による脱毛を経験した人や円形脱毛症の人などが一時的に着用するかつらのこと。粗悪品が流通することもあったため、2015年4月、医療用ウィッグのJIS規格が制定された。直接頭皮に接触する部分の皮膚刺激指数や、洗濯堅ろう度、汗堅ろう度などの性能、試験方法などが細かく定められている。

(写真 鈴木愛子)

上野修平(うえの しゅうへい)さん
上松代表取締役
上野修平(うえの しゅうへい)さん 1971年北海道生まれ。札幌ビューティーメイク専門学校卒業。都内大手サロンにて美容師として12年間勤務の後、2005年4月、東京・築地に美容院「上松」をオープン、2010年「Salon Omm」をオープン。美容師向けの講習会は月1回開催しており、最新情報は同社フェイスブックで紹介している。

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

  • 宴会で「尿酸値・血糖値・中性脂肪」を上げない賢い飲み方

    年末年始や年度の変わり目など、宴会が増える季節に、楽しくお酒を飲みながらふと頭をよぎるのが、「体重の増加」と「気になる検査値への影響」ではないだろうか。暴飲暴食が続くとさまざまな検査値に影響が及ぶ。今回は、働き盛りの世代に身近な「尿酸値」「血糖値」「中性脂肪」を上げないための、宴会での上手な飲み方・食べ方のコツをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.