日経Gooday TOP  > ダイエット・食生活  > トピックス  > 西友が発売、糖尿病協会が監修する「健康弁当」を食べてみた  > 2ページ目

トピックス

西友が発売、糖尿病協会が監修する「健康弁当」を食べてみた

400kcal台だが食べごたえは意外に…

 大塚千春=フリーライター

 カロリーは控えめながら、ご飯は「十六穀米御飯」と「五種豆と五穀入り御飯」の2種類が組み込まれており、「ご飯内容量は一般のお弁当とほぼ同じ120g」(江原氏)。

 いずれも白米よりビタミン、ミネラルを多く含み、噛む回数が多くなる内容にすることで、腹持ちが良くなるよう考えられている。

 また、メーンディッシュは満足感が得られるようあえて肉料理「チキントマト煮」を採用。鶏肉を使用することでカロリーは低く抑えている。副菜には小松菜やひじきを用い、カルシウムや鉄分に配慮した。「少しずつ味を変え、最後まで楽しく食事してもらえるよう考えた」(江原氏)。

実際に食べてみると、味付けは意外に濃いめ!?

 試食してみると、ゴロっとした量感のある鶏肉や豆ご飯など食べごたえのある内容。塩分が控えめであるにもかかわらず、味付けはむしろ濃いぐらいに感じる。これは、「少ない調味料でもしっかりとした味がでるよう、炊き時間を延ばすなどといった工夫で対処した結果。ニーズに応じて工程を見直すことができる自社工場で手掛けるからできること」(江原氏)だという。

 「世界糖尿病デーや全国糖尿病週間などの全国的な啓発強化時期にこうした健康的弁当を発売することで、今まで十分に啓発できていない層に働きかけていきたい」(山田教授)。消費者の反応次第では、西友では第2弾の発売も考えているという。

西友では、これまでも若菜が開発した、エゴマ油やハトムギを使用した商品など健康・美容を意識した惣菜・弁当を販売してきた。写真手前は、今年11月末発売予定の「ツナマヨネーズおにぎり」。コンニャク生まれの米粒状加工食品であるマンナンヒカリを配合することで、カロリーが高くなりがちなツナマヨネーズという具を使いながら、一般的なおにぎりに比べ25%カロリーが低いという。税別93円。
■変更履歴 記事タイトルに一部不正確な表現が含まれていましたので、変更いたしました [2015/10/29 19:00]

先頭へ

前へ

2/2 page

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.