日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > トピックス  > 結核の仲間だが治りにくい「肺NTM症」増加中
印刷

トピックス

結核の仲間だが治りにくい「肺NTM症」増加中

新薬登場で治療の選択肢広がるも過度の期待は禁物

 倉沢正樹=日経メディカル元編集長

結核と同様に抗酸菌という種類の菌が引き起こす「肺NTM症」。その9割は「肺MAC症」という病気だが、近年、国内外で患者の増加傾向が著しい。病原性が強くないにもかかわらず治りにくいのが特徴で、治療には長い年月がかかる。しかし2021年5月の吸入型新薬の登場や、これまで使用が認められていなかった抗菌薬の投与が可能になったことにより、肺NTM症の治療は転換期を迎えている。その最新事情を、慶應義塾大学医学部感染症学教室の南宮湖氏に伺った。

慶應義塾大学医学部感染症学教室の南宮湖氏
慶應義塾大学医学部感染症学教室の南宮湖氏

まず肺NTM症について、どういう病気なのかを教えてください。

 肺のNTM症(非結核性抗酸菌症)は結核と同じように、抗酸菌という細菌によって引き起こされる病気です。主な症状は痰、血痰、発熱、食欲不振、体重減少、全身倦怠感などで、基本的には結核と変わりません。ただし結核とは違って、ヒトからヒトにはうつらないと言われています。にもかかわらず、ここ数年、日本国内でも世界的に見ても患者さんが増えています。その理由はよく分かっていません。

 一方で、肺NTM症の治療法はまだ確立されていないため、治療に当たる医師や患者さんを悩ませているのが実情です。肺NTM症と診断されても、すぐに治療が開始されるとは限りません。軽症であれば経過観察となることもありますし、症状を抑える対症療法のみで様子を見ることもあります。症状が重い場合には抗菌薬による治療を開始しますが、そのタイミングや、治療をいつまで続けるべきかなどについて、確たる知見は得られていません。

検査や診断技術の進歩で診断される患者が増加

患者が増えている理由はよく分からないということですが、どのようなことが考えられますか。

 一つには、今まで見逃されてきたものが、検査や診断技術の進歩によって見つかるようになったということが考えられます。また、医師の間にこの病気に関する認識が広がってきたことで、診断の機会が増えてきたことが影響しているのかもしれません。ただ、正確なことは分かっていないのが現況です。

 このため、感染したものの肺NTM症と診断されていない患者さんは、いまだに多いと思われます。この病気の原因となる菌は日常生活の環境中、特に水回りにいる菌なので、痰の検査で菌が見つかっても、すぐに診断に至るわけではありません。2回にわたり菌が見つかって初めて肺NTM症と診断されるのですが、菌の発育が非常にゆっくりしているので、肺の中にある菌がうまくつかまえられず、診断に至らない例が多々あると推測されています。

そういう患者さんを拾い上げていくことが今後は大事になりますね。

 その通りです。そのために私たちは、まだ分からないことが多い肺NTM症に関して、多くの患者さんを診ている医療機関や研究施設とチームを組んで、病気の実態や特徴を明らかにすることを目指しています。また、NPO法人の「非結核性抗酸菌症・気管支拡張症研究コンソーシアム(NTM-JRC)」という組織を通じて、社会や市民の方に向けた肺NTM症に関する広報活動も行っています。

 こうした活動を通じて、最終的には画期的な新規治療法の開発を目指したいと考えています。とはいえ、すぐには難しいので、しばらくは草の根の活動を続けて、将来的にそういった方向につなげたいと思っています。

肺NTM症の治療法は確立されていないというお話でしたが、受診する病医院によって治療の内容が変わってくるということでしょうか。

 はい。肺NTM症については一応、治療指針があるのですが、その内容があいまいなため、同じ患者さんに対する治療方針が医師によって異なるということは実際にあり得ます。そのことが患者さんを惑わせる原因にもなっていますので、私たちは治療の均てん化が実現できるように、多くの科学的エビデンスを社会に送り出すことを目指して鋭意努力しているところです。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.