日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > トピックス  > コロナワクチン3回目は違うメーカーでも大丈夫? 米国は交差接種を承認
印刷

トピックス

コロナワクチン3回目は違うメーカーでも大丈夫? 米国は交差接種を承認

ファイザーとモデルナを替えても抗体価は十分に上昇、デルタ株にも効果

 大西淳子=医学ジャーナリスト

 新型コロナワクチンの3回目の接種(ブースター接種:既に持っている免疫をさらに強化するためのワクチン接種)において、先に接種したものとは違うメーカーのワクチンを用いても、十分な抗体価の上昇が得られることが、米国の研究で明らかになりました。

ワクチン接種完了者が7割を超え、3回目接種の準備が進む日本

 新型コロナワクチンの接種完了者の割合が7割を超えた日本では、最初に接種を受けた医療従事者などに対する3回目の接種(ブースター接種)の準備が進んでいます。現時点では、先に2回接種したのと同じワクチンが用いられることになっています。しかし、過去2回の接種でアレルギー反応を示した人や、副反応に数日間苦しんだ人にとっては、3回目は気が重いものになるでしょう。

 厚生労働省は、ファイザー社とモデルナ社のワクチンの2回目の接種時点で、特定の要件を満たす人(1回目の接種で重い副反応を経験し、医学的見地から同一のワクチンの接種が困難と判断された人など)には、交差接種、すなわち、初回とは別のメーカーのワクチンを接種することを認めています(*1)。また、10代、20代の男性については、モデルナ社のワクチンの接種後に、ごくまれに心筋炎・心膜炎を発症することがあるため、初回接種を終えた人も、希望すれば2回目はファイザー社のワクチンを選択できるようになっています(*2)。

 今後、世界各国で提示されるデータによっては、日本でも、3回目のブースター接種において、先に2回目接種したものと異なるメーカーのワクチンを選べるようになる可能性はあると予想されています。

 既に米国は、2021年10月20日、ブースター接種における交差接種を正式に認めました(*3)。この判断の背景にあったのが、査読前の論文を迅速に公開する「medRxiv」に、2021年10月15日に公開された以下の研究結果です(*4)。

コロナワクチンのブースター接種は、別のメーカーのワクチンでも十分な効果が得られることが分かりました。(写真はイメージ=123RF)
コロナワクチンのブースター接種は、別のメーカーのワクチンでも十分な効果が得られることが分かりました。(写真はイメージ=123RF)

違うメーカーのワクチンをブースター接種した場合の効果は?

 米Baylor医科大学の研究者らは、米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)から資金を得て、ファイザー社、モデルナ社、ヤンセン社(ジョンソン・エンド・ジョンソン社)のいずれかのワクチンの接種を終えている人々を対象に、ブースター接種にこれまでと同じワクチンを用いた場合と、別のメーカーのワクチンを接種した場合の免疫反応を調べる小規模な臨床試験を行いました。

 試験は米国内の10施設で行われました。少なくとも12週間前までに、モデルナ社、ファイザー社、ヤンセン社のワクチンのいずれかの接種を完了(モデルナ社とファイザー社は2回接種、ヤンセン社は1回接種)しており、新型コロナウイルス感染歴のない、健康な人たちを登録して、これら3種類のワクチンのいずれかをブースター接種しました。先に接種したワクチンとの組み合わせは、全部で9通りになりました。

 採血は、接種前と接種日(1日目)の15日後、29日後に行い、ウイルス表面のスパイクたんぱく質(抗原)に結合する抗体(IgG抗体)の量と、偽ウイルスに対する中和抗体(ウイルスの細胞への感染を阻害する抗体)のレベルを測定しました(ワクチンの抗体価を測定する方法の詳細はこちら)。

1/3 page

最後へ

次へ

新型コロナ
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

  • 長年の悩み「腰痛」を解消! 痛みを和らげる体操4選

    腰痛は日本人の国民病とも言える身近な症状だ。特に問題なのは、原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう「慢性腰痛」だ。長年にわたって慢性腰痛で悩む人は少なくない。そこで、今回は長引く腰痛の解消が期待できる体操を一挙紹介する。

  • 怖い緑内障 忍び寄る失明を回避するには

    緑内障は放っておくと失明を招く怖い病気だが、病気が進んでも中心部の視力は保たれるため、自分ではなかなか気づきにくい。本記事では、緑内障による失明を回避するために知っておきたい期症状の特徴や、早期発見のために必要な検査、最新治療などについてコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.