日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > ダイエット・食生活  > トピックス  > 高カカオチョコは腸内で善玉菌を増やす  > 2ページ目
印刷

トピックス

高カカオチョコは腸内で善玉菌を増やす

チョコレートを食べるときは、カカオの含有量にも注目を!

 伊藤和弘=フリーランスライター

カカオの健康成分はポリフェノールだけではない

 続いて、明治と共同で高カカオチョコレートの研究をした帝京大学理工学部バイオサイエンス学科の古賀仁一郎准教授が壇上に立ち、「高カカオチョコレートの継続摂取による短鎖脂肪酸産生菌の増加」について話した。

 これまでもチョコレートの原料であるカカオの健康効果に関して、多くの研究が行われてきた。今回の共同研究のきっかけは2014年に愛知県蒲郡市、明治、愛知学院大学が共同で行った「チョコレート摂取による健康機能に関する実証研究」、通称「蒲郡スタディ」と呼ばれる研究だ。

 45歳から69歳の347人に、高カカオチョコレート(カカオ分72%)を1日25g、4週間食べてもらった。その結果、脳の神経細胞の活動を促進するBDNF(脳由来神経栄養因子)の増加による認知症予防の可能性、動脈硬化のリスク低減、血圧低下、HDL(善玉)コレステロール値の上昇など、カカオに含まれるポリフェノールの機能性が確認された(*1)

 さらに、多くの被験者から「便通が改善した」という意外な感想が寄せられたという。

 「これはポリフェノールの作用では説明できない。そこでカカオに含まれるたんぱく質、“カカオプロテイン”に着目したわけです」と古賀准教授は説明する。

 カカオプロテインは消化されにくいことで知られる。人工消化試験にて牛乳に含まれるカゼインの消化率を100とすると、大豆たんぱく質は51.2、カカオプロテインは33.3しかないという。つまり、「食物繊維やオリゴ糖と同じく、小腸で消化吸収されずに大腸に到達するのです」と古賀准教授。

善玉菌を増やして便通を改善

 そこで今回明治と帝京大学が共同で「カカオプロテインの便通改善効果」を調べた(*2)。

 対象は20歳以上50歳未満、排便回数が週4回以下(便秘気味)の女性たち。15人にカカオが含まれないホワイトチョコレートを、16人に高カカオチョコレート(カカオ分72%)を1日25gずつ、2週間食べ続けてもらった。なお、どちらもカロリーの差はなく、試験期間中に体重の増減は見られなかったという。

 するとホワイトチョコ群に比べて高カカオチョコレート群は(1)排便回数が多くなった(2)便の色が薄くなった(3)便の量が増えた――といった効果が確認された。

 なぜ、こういった結果が得られたのか。例えば食物繊維をとると便の量が増える。しかし、推奨される食物繊維の量は1日約20gなのに対し、25gの高カカオチョコレートに含まれるカカオプロテインは1g程度しかない。食物繊維を合算しても1日推奨量には届かない。「ならばオリゴ糖のように、腸内の善玉菌のエサになって善玉菌の増殖を促進しているのではないかと考えました」と古賀准教授。

 その後、NGS法(菌のDNAを解読する最新技術)で被験者の腸内フローラを調べたところ、高カカオ群の女性たちはフィーカリバクテリウムなど4種類の短鎖脂肪酸産生菌が増えたことが分かった。

(データ提供:明治・帝京大学)
[画像のクリックで拡大表示]
日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 放置は厳禁! 「脂肪肝」解消のコツNEW

    人間ドック受診者の3割以上が肝機能障害を指摘されるが、肝臓は「沈黙の臓器」だけあって、数値がちょっと悪くなったくらいでは症状は現れない。「とりあえず今は大丈夫だから…」と放置している人も多いかもしれないが、甘く見てはいけない。肝機能障害の主たる原因である「脂肪肝」は、悪性のタイプでは肝臓に炎症が起こり、肝臓の細胞が破壊され、やがて肝硬変や肝がんへと進んでいく。誰もが正しく知っておくべき「脂肪肝の新常識」をまとめた。

  • 肩の痛みから高血圧まで、「姿勢の崩れ」は様々な不調の原因に

    「姿勢」が、肩こりや腰痛の原因になることを知っている人は多いだろうが、足の痛みや高血圧、誤嚥性肺炎まで、全身の様々な不調・疾患の原因になることをご存じの方は少ないかもしれない。これまでに掲載した人気記事から、姿勢と様々な病気・不調との関係について知っておきたいことをコンパクトにまとめた。

  • あなたも「隠れ心房細動」?! 高齢化で急増する危険な不整脈

    脈の速さやリズムが乱れる「不整脈」。その一種である「心房細動」は、高齢化に伴い患者数が増加しており、潜在患者も含めると100万人を超えると言われている。心房細動の怖いところは、放置すると脳梗塞などの命に関わる病気を引き起こす可能性があることだ。本記事では、心房細動の症状や早期発見のコツ、治療のポイントなどをコンパクトにまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday春割キャンペーン

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.