日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > トピックス  > 腰・膝への負担が小さい「体に優しい動き方」
印刷

トピックス

腰・膝への負担が小さい「体に優しい動き方」

メディカルトレーナーが教える体に優しい歩き方(下)

 日経おとなのOFF

前回「疲れない、痛くない!動作解析で分かった『体に優しい歩き方』」に引き続き、メディカルトレーナーの夏嶋隆さんに、膝痛や腰痛がある人にとっても負担が少ない、体に優しい動き方について話を聞いた。今回は、混雑した場所での歩き方や長距離歩きの技、荷物が多いときの技、そして、ソファや正座から立ち上がるときのコツを紹介する。

混雑した所での技 ~ユラユラ昆布歩き~

 週末の街歩きや人気の美術展など、混雑したなかを歩くと疲れを感じる人は多いだろう。人の流れに対して踏ん張り、背骨が固まっていることも一因。ポイントは背骨をしなやかにくねらせ、骨盤でバランスを取ること。流れに逆らうことなく、体をほぐしながら歩く。

「ユラユラ昆布歩き」の正しい方法

[画像のクリックで拡大表示]

 踏ん張らず、むしろリラックス。歩きながら自分の体をほぐすつもりで、背筋を張らずに柔らかく保つ。足を骨盤幅に広げ、腕を振ろうとせず、骨盤の動きに合わせて背骨を水中に漂う昆布のようにユラユラと柔軟に動かす。

長距離歩きの技 ~腕横振り歩き~

 短距離走者とマラソンランナーとではフォームが違うように、歩くときも距離に応じて腕の振りを変えたほうがいい。長距離を歩くときは、上体を柔らかく保ち、腕は骨盤の動きを助ける横振りにすること。すると、縦に振るより力まず、自然に歩ける。

「腕横振り歩き」の正しい方法

[画像のクリックで拡大表示]

 上体を柔らかく保ち、肘を軽く曲げて肩甲骨を前後に揺らすつもりで、腕を横に振る。こうすることで、腕と肩甲骨の動きに合わせて自然に骨盤が前に押し出される。足の運びがスムーズになり、疲れにくい。


「腕横振り歩き」の間違った方法

NG例
NG例
[画像のクリックで拡大表示]

NG 短距離走者のように、腕を縦に振ると、背筋に力が入りやすく、長距離歩行では疲れるだけ。また縦振りでは自然に大股歩きになり、かかと着地になりやすい。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

  • 長年の悩み「腰痛」を解消! 痛みを和らげる体操4選

    腰痛は日本人の国民病とも言える身近な症状だ。特に問題なのは、原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう「慢性腰痛」だ。長年にわたって慢性腰痛で悩む人は少なくない。そこで、今回は長引く腰痛の解消が期待できる体操を一挙紹介する。

  • 怖い緑内障 忍び寄る失明を回避するには

    緑内障は放っておくと失明を招く怖い病気だが、病気が進んでも中心部の視力は保たれるため、自分ではなかなか気づきにくい。本記事では、緑内障による失明を回避するために知っておきたい期症状の特徴や、早期発見のために必要な検査、最新治療などについてコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.