日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > トピックス  > 腰・膝への負担が小さい「体に優しい動き方」
印刷

トピックス

腰・膝への負担が小さい「体に優しい動き方」

メディカルトレーナーが教える体に優しい歩き方(下)

 日経おとなのOFF

前回「疲れない、痛くない!動作解析で分かった『体に優しい歩き方』」に引き続き、メディカルトレーナーの夏嶋隆さんに、膝痛や腰痛がある人にとっても負担が少ない、体に優しい動き方について話を聞いた。今回は、混雑した場所での歩き方や長距離歩きの技、荷物が多いときの技、そして、ソファや正座から立ち上がるときのコツを紹介する。

混雑した所での技 ~ユラユラ昆布歩き~

 週末の街歩きや人気の美術展など、混雑したなかを歩くと疲れを感じる人は多いだろう。人の流れに対して踏ん張り、背骨が固まっていることも一因。ポイントは背骨をしなやかにくねらせ、骨盤でバランスを取ること。流れに逆らうことなく、体をほぐしながら歩く。

「ユラユラ昆布歩き」の正しい方法

[画像のクリックで拡大表示]

 踏ん張らず、むしろリラックス。歩きながら自分の体をほぐすつもりで、背筋を張らずに柔らかく保つ。足を骨盤幅に広げ、腕を振ろうとせず、骨盤の動きに合わせて背骨を水中に漂う昆布のようにユラユラと柔軟に動かす。

長距離歩きの技 ~腕横振り歩き~

 短距離走者とマラソンランナーとではフォームが違うように、歩くときも距離に応じて腕の振りを変えたほうがいい。長距離を歩くときは、上体を柔らかく保ち、腕は骨盤の動きを助ける横振りにすること。すると、縦に振るより力まず、自然に歩ける。

「腕横振り歩き」の正しい方法

[画像のクリックで拡大表示]

 上体を柔らかく保ち、肘を軽く曲げて肩甲骨を前後に揺らすつもりで、腕を横に振る。こうすることで、腕と肩甲骨の動きに合わせて自然に骨盤が前に押し出される。足の運びがスムーズになり、疲れにくい。


「腕横振り歩き」の間違った方法

NG例
[画像のクリックで拡大表示]

NG 短距離走者のように、腕を縦に振ると、背筋に力が入りやすく、長距離歩行では疲れるだけ。また縦振りでは自然に大股歩きになり、かかと着地になりやすい。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

  • あなたの腎臓、大丈夫? 急増する慢性腎臓病を防ぐ

    普段あまり意識することの少ない「腎臓」。だが近年、人口の高齢化に伴い、慢性腎臓病から人工透析へと至る患者が急増している。腎臓は、ひとたびその機能が失われると、坂道を転がり落ちるように悪化していく。そうなる前に腎臓の異常を察知し、腎機能の悪化を食い止めるにはどうすればいいのか。重要ポイントをまとめた。

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.