日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > トピックス  > 生活習慣は「精液の質」と関係あり、男の妊活にも影響する!?
印刷

トピックス

生活習慣は「精液の質」と関係あり、男の妊活にも影響する!?

加齢や睡眠不足は、精液の酸化を進める原因に

 伊藤和弘=フリーランスライター

 これまで不妊治療の場で行われてきた男性の精液検査は、もっぱら精子だけを調べていた。しかし精液に含まれるのは精子だけではない。血液でコレステロールや血糖値を調べるのと同じように、精子以外の精液成分(精しょう)を調べることで、生活習慣や健康状態、妊娠能力まで分かる可能性がある。さらに、その結果に基づいて生活習慣の改善をすれば、男性の受精力や妊娠の確率を高められるかもしれないという。2017年10月6日、精液の成分分析を行う世界初のベンチャー企業ダンテが「精液成分と男の妊活」と題した記者発表会を東京大学で開催した。その内容をお届けしよう。

精液の解析によって妊娠能力や健康を予見できる!?(c)photobac -123rf

 ダンテ取締役CTOで広島大学大学院生物圏科学研究科の島田昌之教授は、これまで家畜の精液に関する研究を重ねてきた。

 精子の中には、1時間程度で動かなくなるものもあれば、6時間経っても動き続けるものもある。1時間で動かなくなってしまうようでは、とても受精・妊娠は期待できない。元気な精子が多かったブタの精液Aと、持久力のない精子が多かったブタの精液Bから精子を取り除き、そこにネズミの精子を加えてみた。すると、Aの精液成分に入れたネズミの精子は、Bに比べてよく動いたという。

 「精子の運動は精液成分によって決定される。精液に含まれる脂肪酸やアミノ酸などの成分が精子に取り込まれ、精子の運動性に影響を与えているんです。人間の場合でも、精液の解析によって妊娠能力や健康を予見できる可能性が高いといえます」(島田教授)

 そこでダンテでは、23~58歳の健康な男性80人に精液を提供してもらい、精液中の亜鉛やテストステロン(主要な男性ホルモン)など、いくつかの項目について調べた。その結果、「生活習慣が精液の質と密接に関わっており、血液や尿のように、精液中の微量成分にも本人の健康状態が反映されていることが分かりました」と、ダンテ取締役CMOで順天堂大学大学院医学研究科泌尿器外科学の堀江重郎教授は話す。

加齢とともに進む「精液の酸化」

 例えばテストステロンは、筋肉や性機能だけに限らず、集中力や正義感など高次的な精神機能にも関係することが分かっている。最近話題のLOH症候群(男性更年期障害)は、このテストステロンの分泌が大きく減ることが原因だ。

 テストステロンの量は血液や唾液で調べられるが、実は「精液中には血液の10倍以上も高濃度のテストステロンが含まれている」と堀江教授。80人の精液を分析したところ、20代から30代にかけてテストステロンが急激に減ることが分かった(図1)。

テストステロンの量は30代になるとガクンと減る(ダンテ調べ)
[画像のクリックで拡大表示]

 精液中の8-OHdGについても調べた。堀江教授によると、8-OHdGとは「DNAの酸化を見ることができる物質」で精液の酸化を示す指標となる。家畜生殖学では、酸化によって精液の質が悪くなることが知られており、「家畜の精液を保存するときは抗酸化物質を加えている」(島田教授)という。

 精液中のテストステロンは年齢を追うごとに減っていくの対し、精液中の8-OHdGは逆に年齢を追うごとに明らかに増えていた。ご存じの通り、精液は常に精巣(睾丸:こうがん)で作られ続けているのだが、にもかかわらず年齢とともに精液の酸化度は上がっていたわけだ。

睡眠不足は精液の酸化度と関係

 亜鉛は精子の形成やテストステロンの合成に欠かせないミネラルで、精液中にも多く含まれている。精液中の亜鉛濃度を調べると、亜鉛が多いほど精子の数が多かった。

1/2 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.