日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > トピックス  >  「デング熱かも?」と相談を受けた医師は2割弱
印刷

トピックス

「デング熱かも?」と相談を受けた医師は2割弱

デング熱の次はマラリアが来るのでは…

 加納亜子=日経メディカル

 今年8月、海外渡航歴のない10代女性が発症したのをきっかけに、国内での感染が急速に拡大したデング熱。10月に入ってからは気温の低下とともに蚊の活動が衰え、流行は収束に向かいつつある。

 約70年ぶりの国内感染と注目を集め、一時は報道が過熱したが、今回の流行を受けて患者から「デング熱かも?」と相談を受けた医師はどれくらいいたのだろうか。日経メディカル Onlineの医師会員を対象に、アンケートで聞いてみた。

 8月に起きた国内感染の報道以降、デング熱に関する相談を受けた人数を2119人の医師会員に尋ねたところ、「1人」が8.5%、「2人以上5人未満」が6.8%、「5人以上10人未満」が1.7%、「10人以上」が0.8%となった。つまり全体の17.8%(378人)が相談を受けていた(図1)。

図1◎ デング熱に関する相談を受けた人数
[画像のクリックで拡大表示]

 医師に相談に来た患者は、必ずしも症状があったわけではないようだ。「患者から相談を受けた」医師378人を対象に、どのように対応したかを尋ねたところ、最も多かったのは「デング熱の可能性は低いと判断し、経過観察した」186人(図2)。「症状などから鑑別し、他の疾患と診断した」が112人と続いた。また、症状のない患者から相談を受けた医師も83人に上った。自由記述欄には、蚊に刺されただけで受診した患者や報道を受けて不安に感じていた患者がいたという記載もあった。

図2◎ 患者から相談を受けた医師が行った対応
[画像のクリックで拡大表示]

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 宴会で「尿酸値・血糖値・中性脂肪」を上げない賢い飲み方

    年末年始や年度の変わり目など、宴会が増える季節に、楽しくお酒を飲みながらふと頭をよぎるのが、「体重の増加」と「気になる検査値への影響」ではないだろうか。暴飲暴食が続くとさまざまな検査値に影響が及ぶ。今回は、働き盛りの世代に身近な「尿酸値」「血糖値」「中性脂肪」を上げないための、宴会での上手な飲み方・食べ方のコツをまとめた。

  • 青魚のDHAやEPAで、血管を若返らせて、メタボも抑制!

    サバ、イワシなどの「青魚」の健康効果が注目されている。青魚にたっぷり含まれるDHAやEPAは、血管を若返らせ、メタボを抑制したり、認知症のリスクを下げる効果も期待できる。手軽に食べられる「サバ缶」や「イワシ缶」も人気で、カルシウムもしっかりとれるため、骨粗鬆症の予防にもなる。

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.