日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > トピックス  >  「デング熱かも?」と相談を受けた医師は2割弱
印刷

トピックス

「デング熱かも?」と相談を受けた医師は2割弱

デング熱の次はマラリアが来るのでは…

 加納亜子=日経メディカル

 今年8月、海外渡航歴のない10代女性が発症したのをきっかけに、国内での感染が急速に拡大したデング熱。10月に入ってからは気温の低下とともに蚊の活動が衰え、流行は収束に向かいつつある。

 約70年ぶりの国内感染と注目を集め、一時は報道が過熱したが、今回の流行を受けて患者から「デング熱かも?」と相談を受けた医師はどれくらいいたのだろうか。日経メディカル Onlineの医師会員を対象に、アンケートで聞いてみた。

 8月に起きた国内感染の報道以降、デング熱に関する相談を受けた人数を2119人の医師会員に尋ねたところ、「1人」が8.5%、「2人以上5人未満」が6.8%、「5人以上10人未満」が1.7%、「10人以上」が0.8%となった。つまり全体の17.8%(378人)が相談を受けていた(図1)。

図1◎ デング熱に関する相談を受けた人数
[画像のクリックで拡大表示]

 医師に相談に来た患者は、必ずしも症状があったわけではないようだ。「患者から相談を受けた」医師378人を対象に、どのように対応したかを尋ねたところ、最も多かったのは「デング熱の可能性は低いと判断し、経過観察した」186人(図2)。「症状などから鑑別し、他の疾患と診断した」が112人と続いた。また、症状のない患者から相談を受けた医師も83人に上った。自由記述欄には、蚊に刺されただけで受診した患者や報道を受けて不安に感じていた患者がいたという記載もあった。

図2◎ 患者から相談を受けた医師が行った対応
[画像のクリックで拡大表示]

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

  • つらい筋トレ不要? 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    薄着の季節になると、何かと気になる“お腹ぽっこり”。短期間で何とか解消したい!と思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、手軽に実践できる「ドローイン」と「猫背姿勢の改善」で“ぽっこりお腹”を解消していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.