日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > トピックス  >  「デング熱かも?」と相談を受けた医師は2割弱
印刷

トピックス

「デング熱かも?」と相談を受けた医師は2割弱

デング熱の次はマラリアが来るのでは…

 加納亜子=日経メディカル

 今年8月、海外渡航歴のない10代女性が発症したのをきっかけに、国内での感染が急速に拡大したデング熱。10月に入ってからは気温の低下とともに蚊の活動が衰え、流行は収束に向かいつつある。

 約70年ぶりの国内感染と注目を集め、一時は報道が過熱したが、今回の流行を受けて患者から「デング熱かも?」と相談を受けた医師はどれくらいいたのだろうか。日経メディカル Onlineの医師会員を対象に、アンケートで聞いてみた。

 8月に起きた国内感染の報道以降、デング熱に関する相談を受けた人数を2119人の医師会員に尋ねたところ、「1人」が8.5%、「2人以上5人未満」が6.8%、「5人以上10人未満」が1.7%、「10人以上」が0.8%となった。つまり全体の17.8%(378人)が相談を受けていた(図1)。

図1◎ デング熱に関する相談を受けた人数
[画像のクリックで拡大表示]

 医師に相談に来た患者は、必ずしも症状があったわけではないようだ。「患者から相談を受けた」医師378人を対象に、どのように対応したかを尋ねたところ、最も多かったのは「デング熱の可能性は低いと判断し、経過観察した」186人(図2)。「症状などから鑑別し、他の疾患と診断した」が112人と続いた。また、症状のない患者から相談を受けた医師も83人に上った。自由記述欄には、蚊に刺されただけで受診した患者や報道を受けて不安に感じていた患者がいたという記載もあった。

図2◎ 患者から相談を受けた医師が行った対応
[画像のクリックで拡大表示]

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

  • 60代以降で急増! 男を悩ませる前立腺の病気

    中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.