日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > トピックス  > 昼寝前にコーヒー! 午後のパフォーマンスを上げる意外なコツ  > 2ページ目
印刷

トピックス

昼寝前にコーヒー! 午後のパフォーマンスを上げる意外なコツ

昼寝前後のストレッチも重要

 加納美紀=ライター

 もう1つの昼寝のコツはストレッチだ。午前中の仕事モードを引きずったままだと交感神経優位の緊張状態でスムーズに入眠しにくいため、昼寝前には緊張をほぐし眠りやすくするためのストレッチを行うといい、と疲労回復専用ジム「ZERO GYM」では勧めている。

 立ちっぱなしや座りっぱなし、パソコン作業が多い人などは、猫背になったり背骨が固まったり、肩や首回りの筋肉が固まっている可能性もある。凝り固まった部位をほぐして緊張がゆるむことで、副交感神経が優位になって自然な眠気が誘発されるという。ここで紹介する4種類のストレッチを全て行っても5分程度で終わる。

(イラスト提供=ビジネスライフ、以下同)
(イラスト提供=ビジネスライフ、以下同)
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

昼寝後のストレッチですっきり

 自分のデスクで仮眠をとるときは、昼寝用の枕やひざ掛け、アイマスクなどを使い、体に違和感のない体勢を探して仮眠に入ろう。ストレッチで体はほぐれているから、心をリラックスさせるイメージを思い浮かべよう。仕事のことを頭から離し、「とにかく寝る」と決めるのがポイントだ。

 出張眠らせ隊のプログラムでは、インストラクターが「足の指先、足の裏、かかと…」と足元から手の指まで一つずつ体の部位を挙げ、意識して体の力を抜くように促した。「体が床に沈み込み、頭がゆるんで脳の重さが昼寝枕にもたれかかるように」「緑の森の中にいるイメージで」「すべての力を大地に預けましょう」と静かに語りかけ眠りを誘った。

 昼寝の長さは15~20分程度に抑えるのも大事だ。睡眠にはいくつかの段階があるが、深い眠りに落ちてしまうと覚醒が難しくなる。眠気を取り払うには、15分程度の短時間の仮眠が最も有効だからだ。デスクで仮眠をとる場合はスマホのバイブレーション機能などを使ってアラームを設定しておこう。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

  • 長年の悩み「腰痛」を解消! 痛みを和らげる体操4選

    腰痛は日本人の国民病とも言える身近な症状だ。特に問題なのは、原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう「慢性腰痛」だ。長年にわたって慢性腰痛で悩む人は少なくない。そこで、今回は長引く腰痛の解消が期待できる体操を一挙紹介する。

  • 怖い緑内障 忍び寄る失明を回避するには

    緑内障は放っておくと失明を招く怖い病気だが、病気が進んでも中心部の視力は保たれるため、自分ではなかなか気づきにくい。本記事では、緑内障による失明を回避するために知っておきたい期症状の特徴や、早期発見のために必要な検査、最新治療などについてコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.