日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > トピックス  > 病気の情報はまず図書館で 病院連携で専用コーナーや出張相談も  > 2ページ目
印刷

トピックス

病気の情報はまず図書館で 病院連携で専用コーナーや出張相談も

進む図書館と病院の連携

 福島恵美=ライター

 飯塚市立飯塚図書館の職員、田中宏尚さんは「図書館がより身近にがん情報に触れられる場所になってほしいという思いで、がん相談支援センターの皆さまとの連携のもと、がん情報サービスに取り組んでいます。がんについて知りたいことができた時に、『そういえば図書館にがん情報コーナーがあった』『図書館で調べてみよう』と思っていただける図書館になれればと考えています」とがん情報を発信する思いを話す。

司書の力を借りてがんの情報収集を

 実際に病気のことを調べに図書館に行くと、医療関係の本がずらりと並んでいる。中には、「○○でがんが消える」というような、怪しさを感じつつも、藁(わら)にもすがる思いにいる時には思わず手に取りたくなるタイトルの本もある。

 「図書館では利用者の“知る権利を守る”ことが大事にされているので、読みたいというリクエストがあれば基本的に購入が検討されます。ただ、利用者が望む資料の提供は図書館理念からすれば当然とはいえ、そうした資料の中には、医療者から見ると明らかに医療の常識を逸脱しているものもあります。でも、さすが司書さんたちは情報探しを手伝うプロで、内容がちょっと怪しいと感じる本は、購入しても後ろの書庫に入れてしまう図書館もあったりします。どの本を選べばいいのか迷ったら、『このような資料はないですか』と、ぜひ司書さんの力を借りてください。信頼できる情報を推薦してくれます」と八巻さん。

 「がん情報ギフト」コーナーを設けている図書館(*3)など、病院との連携が確立している図書館であれば、資料だけでは答えられない相談は、がん相談支援センターをはじめとする医療機関の相談窓口にもつなげてくれるという。

がん対策情報センターが発行するがんに関する資料「がん情報ギフト」。「がんの冊子」(閲覧用冊子約40種、配布用冊子7種)などから成る(写真提供=がん対策情報センター)
[画像のクリックで拡大表示]

 がん情報ギフトとは、国立がん研究センターが発行する各種「がんの冊子」を図書館に寄贈するプロジェクトで、2017年から始まっている(「がんの冊子」は、同センターが運営するウェブサイト「がん情報サービス 」でもPDFが公開されており、誰でも利用できる)。寄付金を得て冊子の活用を希望する図書館に贈っており、2019年度中に累計300館ほどに迫る見通し。この寄付事業では、消費者が自分が寄贈したい都道府県を選んで1000円からの寄付が可能。「がん情報ギフトを通じて、苦しかった時に情報に助けられた方の思いや、病気がもたらす様々な苦労を越えた方の思いなど、“思い”が回っていくような仕組みに育てていきたい」(八巻さん)

 身近な場所の図書館で、がんの確かな情報である「がんの冊子」を手に取れるのは便利なことであり、インターネットが使えない人にとっては貴重な情報源だ。がん情報ギフトへの支援、図書館でのがん情報の広がりに期待したい。

(インタビュー写真:村田わかな)

*3 「がん情報ギフト」コーナーを設けている図書館は国立がん研究センターの「届けるを贈る 届けるを支える『がん情報ギフト』プロジェクト」のページを参照
八巻知香子(やまき ちかこ)さん
国立がん研究センターがん対策情報センター医療情報評価室室長
八巻知香子(やまき ちかこ)さん 2006年東京大学大学院医学系研究科にて博士(保健学)取得。2002年国立身体障害者リハビリテーションセンター研究所流動研究員。05年日本学術振興会特別研究員。08年国立がんセンター研究所腫瘍ゲノム解析・情報研究部/がん対策情報センターがん情報・統計研究部研究員。11年国立がん研究センターがん対策情報センターがん情報提供研究部医療情報サービス研究室研究員(組織改変による)。14年から現職。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.