日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > トピックス  > 低糖質、高たんぱくが基本、間食OKのライザップ式食事術とは?  > 2ページ
印刷

トピックス

低糖質、高たんぱくが基本、間食OKのライザップ式食事術とは?

3食しっかり食べられ、ダイエットのつらさは少なめ

 日経ヘルス

【朝】朝からたんぱく質を食べる習慣を

 朝であっても、ご飯やパンは基本的にNG。スープや味噌汁、豆腐や卵を使ったおかずでおなかを満たそう。常備したい食材の一つが、ツナ缶。手軽かつ、1缶で約16gのたんぱく質が取れる優秀な食材だ。たんぱく質のおかずには、葉物野菜など、糖質の多くない野菜を添えるのが理想的。食べる順番はまず、野菜から。血糖値の急上昇を抑えることで、インスリンによる脂肪の蓄積を防ぐことができる。

【昼】低糖質食材の宝庫コンビニをフル活用

写真はイメージ
[画像のクリックで拡大表示]

 ライザップ式のダイエット中、コンビニでは何を選べばいいのか。お薦めは、サラダチキン、味付け卵、鮭の塩焼きなど。サラダは糖質の多い根菜ではなく、海藻や豆腐のものを選んで。豆腐麺など主食の代わりになる商品も活用したい。おでんの季節には、糖質の多い練り物を避け、卵や豆腐、しらたき、タコ串などを選ぼう。

【夜】肉や魚のおかずを中心に

写真はイメージ
[画像のクリックで拡大表示]

 夜は自炊でも外食でもたんぱく質のおかずを中心に。ライザップでは、肉と魚どちらも摂取することを推奨している。肉の場合は、必須アミノ酸をバランスよく含む牛赤身や低カロリーの鶏ささみ、魚の場合は、ビタミンDやEが豊富な鮭、DHAやEPAが豊富な青魚などがお薦めだ。活動量が少ない時間帯の食事は太る原因。特に糖質は脂肪としてため込まれやすくなる。21時以降は食べないようにしよう。

◇     ◇     ◇

 ライザップが推奨するダイエットの期間は、2カ月だが、長期間行う自信がない人は、3週間程度から始めてもOK。「低糖質」「高たんぱく」の食事で、筋肉量は落とさずに無駄な脂肪を落とし、メリハリのある美ボディを目指そう! (「レンジで簡単にできる、ライザップ式の低糖質・高たんぱくレシピ」に続く)

(文:日経ヘルス編集部/写真:小林キユウ/料理・スタイリング:熊谷有真)

『世界一下腹が凹む! ライザップ式「ダイエットボール」』(日経BP社)

この記事は、日経BPムック『世界一下腹が凹む! ライザップ式「ダイエットボール」』(日経ヘルス編集、52ページ、税込1512円、≪特別付録≫直径15cm「ダイエットボール」)を再構成したものです。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

  • 睡眠不足は肥満や生活習慣病のリスクを高める

    近年、睡眠不足が積み重なる「睡眠負債」の怖さが取り上げられるようになり、睡眠の大切さがクローズアップされている。実際、睡眠不足や質の低下が、疲れや集中力の低下につながることを実感したことがある人も多いだろう。しかし、問題はそれだけではない。睡眠不足や質が低下すると“太りやすくなる”。さらに、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病のリスクも高まることも分かっている。そこで本特集では、睡眠と生活習慣病の関係から、実践的な睡眠改善法までを一挙に紹介する。

  • 女性の「尿漏れ」「頻尿」には骨盤底筋トレーニングが効く!

    トイレに行く回数が多い、くしゃみをすると少し漏らしてしまう、突然尿意に襲われて我慢できない…。女性の尿の悩みは、「頻尿」や「尿漏れ(尿失禁)」が多いのが特徴だ。これらを改善するにはどうすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.