日経グッデイ

トピックス

来春の花粉飛散数「東京は今年並み、大阪は2倍」

東北地方の太平洋側を除き、例年と同じか少ない傾向に

 鈴木 英子=ニューズフロント

 日本気象協会は10月7日、2016年春の花粉飛散予測(第1報)を発表した。それによると、スギおよびヒノキ(北海道はシラカバ)の花粉の飛散数は前シーズン(今春)並みかそれ以上になる地域が多く、西日本はほとんどの地域で前シーズンを上回る見込みという。

花粉飛散が少なかった今年に比べると来春は多くなると予測

 2015年春のスギおよびヒノキ(北海道はシラカバ)花粉の総飛散数は、西日本を中心に少なく、東北地方では多かった。2016年春の飛散数が今年と比べて多くなると予測されるのは、東海地方、近畿地方、四国地方、九州地方で、中でも四国地方および九州地方は約1.5倍の飛散数になる見込み。東海地方と近畿地方はやや多くなり、今年飛散数の少なかった大阪はおよそ2倍近くに増えると見られる(図1)。

 関東甲信地方や中国地方はほぼ今年並みの花粉飛散数と予測され、東京は今年と同程度になる見込み。北海道や東北地方、北陸地方は今年よりやや少ないと予測している。

図1◎ 2016年春の花粉飛散数予測(前シーズン比)
[画像のクリックで拡大表示]

東北地方の一部を除いて飛散数は例年より少なくなると予測

 例年(2006年~2015年の平均値)と比べた場合、東北地方は例年よりやや多い飛散数になる見込みで、その他の地域は例年並みか例年を下回り、例年の半分以下になる地域もある(図2)。

図2◎ 2016年春の花粉飛散数予測(例年比)
[画像のクリックで拡大表示]

 花粉の飛散数は前年夏の気象条件が大きく影響し、気温が高く、日照時間が多く、雨が少ない夏は花芽が多く形成され、翌春の花粉の飛散数が多くなるとされている。2015年の夏は、北・東日本と西日本で天候が分かれ、東北地方は高温・多照・少雨といった、花芽が多く形成される気象条件が揃っている。