日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > トピックス  > 来春の花粉飛散数「東京は今年並み、大阪は2倍」

トピックス

来春の花粉飛散数「東京は今年並み、大阪は2倍」

東北地方の太平洋側を除き、例年と同じか少ない傾向に

 鈴木 英子=ニューズフロント

 日本気象協会は10月7日、2016年春の花粉飛散予測(第1報)を発表した。それによると、スギおよびヒノキ(北海道はシラカバ)の花粉の飛散数は前シーズン(今春)並みかそれ以上になる地域が多く、西日本はほとんどの地域で前シーズンを上回る見込みという。

花粉飛散が少なかった今年に比べると来春は多くなると予測

 2015年春のスギおよびヒノキ(北海道はシラカバ)花粉の総飛散数は、西日本を中心に少なく、東北地方では多かった。2016年春の飛散数が今年と比べて多くなると予測されるのは、東海地方、近畿地方、四国地方、九州地方で、中でも四国地方および九州地方は約1.5倍の飛散数になる見込み。東海地方と近畿地方はやや多くなり、今年飛散数の少なかった大阪はおよそ2倍近くに増えると見られる(図1)。

 関東甲信地方や中国地方はほぼ今年並みの花粉飛散数と予測され、東京は今年と同程度になる見込み。北海道や東北地方、北陸地方は今年よりやや少ないと予測している。

図1◎ 2016年春の花粉飛散数予測(前シーズン比)
[画像のクリックで拡大表示]

1/2 page

最後へ

次へ

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート
日経グッデイ春割キャンペーンG

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.