日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > トピックス  > 「履きやすい靴」が「足の健康にいい靴」ではない 
印刷

トピックス

「履きやすい靴」が「足の健康にいい靴」ではない 

靴選び 5つの「NGあるある」

 日経おとなのOFF

 崩れた足のアーチを改善するためには、毎日の歩きを支える「靴」の役割が重要。しかし、むしろ足の崩れを加速させる「“ダメ靴”を履いている人があまりにも多い」と、足の健康と靴の関係に詳しい吉田龍介さんは言う。「履きやすい靴」が「いい靴」ではない。

(c)KAMON ATTHAPRAJONG-123rf

 幅が広い、軽くて軟らか、クッション性がある……などを靴選びで重視している人は要注意。「一見足に優しそうな靴が、足の骨格を崩す原因になることは多いです」(吉田龍介さん)

 特に要注意なのが、幅の広い靴。指の付け根が靴に触れるのを嫌い、実際の足幅より広い靴を履くと「足が前方に滑り、爪先が当たって痛みを感じやすい」。さらに怖いのは、幅広の靴を履き続けると足の骨格が潰れて、地面からの衝撃を吸収するアーチを崩してしまうこと。そうなれば外反母趾(ぼし)や膝痛、腰痛、肩凝りなど、全身のトラブルを招きかねない。

 「靴の幅は足幅に合ったものが理想。最初は締めつけ感があっても、アーチの潰れを防げ、また靴の中で足が泳がないため、歩きやすくなる。そもそも多くの人は、自分の正しい足のサイズを把握していないので、専門店で一度計測してもらってください」

 他にも、歩行を正しくサポートするためには、かかとの周囲の適度な硬さや、靴裏の屈曲する位置などが重要になる。ただし、これら「いい靴」の条件をすべて満たす靴は実際には少ないと、吉田さん。「いい靴」と「ダメな靴」との違いを理解し、ダメ要素が極力少ない靴を賢く選ぶようにしたい。

NGあるある 1 自分の足の正しいサイズを知らない

サイズ(足長)とワイズ(足囲)を実測しよう

 「自分の足の実寸」は意外に把握していないもの。まずは靴店などでサイズ(足長)とワイズ(足囲)を計測しよう。サイズの実寸に0.5~1cmの「捨て寸」を足した数値が、選ぶべき靴のサイズ。「捨て寸が必要なのは、着地時にアーチが伸びるのに伴い、指先も前方に伸びるため。捨て寸が適正なら、指が靴に当たって圧迫されることもない」(吉田さん)。サイズとワイズは家庭用メジャーでも計測が可能。

ワイズ(足囲)
親指と小指の付け根の出っ張った部分を通るよう、1周させる。ややきつめに締めて測る。
サイズ(足長)
かかと~一番長い指先を測る。自分で測る場合は、かかとを壁に当てると正確に測れる。

NGあるある 2 幅は広いほど足にいい

幅が広過ぎる靴はアーチを崩す原因に

 「ゆったりしていると楽そう」と、幅広の靴を選びがちだが、「自分のワイズよりゆったりし過ぎる靴を履き続けると足が広がり、アーチが崩れる恐れも」。ワイズがきちんと合った幅の靴を選べば、アーチがさらに潰れるのを防げる。また、靴の中で足が泳いでしまう状態が是正され、歩行も楽になる。「日本人の足は幅広」とよくいわれるが、それは下駄履きが日常だった昔のこと。現代は細めの人も多い。

足のサイズ・ワイズ表(一部抜粋)
例えば、足長23cm、足囲21cmの女性のワイズはB
[画像のクリックで拡大表示]

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.