日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > トピックス  > 新型コロナのリアルワールドでの感染は「飛沫感染」が大半  > 2ページ目
印刷

トピックス

新型コロナのリアルワールドでの感染は「飛沫感染」が大半

感染者からの距離と換気の程度が大きく影響

 大西淳子=医学ジャーナリスト

接触感染について分かっていること

 環境に存在しているウイルスに触れた手などを介した接触感染が、実際に起きたことを明確に示したエビデンスは、これまでのところありません。アカゲザルの結膜にウイルスを植え付けた実験では、感染は起きましたが、のどの奥にウイルスを植えたサルと比べると、肺の症状は軽症でした。同様に、アカゲザルの胃に直接ウイルスを植え付けた実験では、感染は起こりませんでした。

 人の患者の中にも、接触感染が強く疑われた症例はありましたが、いずれも、気道からの感染の可能性を完全に否定できていません。鼻や口を介する接触感染は、マスクを外した状態で起こると考えられるからです。

 また、医療従事者では、手の衛生がずさんであることが、感染リスクの上昇と関係しており、塩素またはエタノールを含む消毒洗浄液の日常的な使用は、感染リスクの低下と関係していると報告されていますが、解釈は簡単ではありません。人々の手の衛生が良好な環境では、マスク着用や環境の消毒などといった、他の感染予防策も十分に行われていることが多いからです。著者らは、「接触感染は起こりうるが、非常に特殊な条件でのみ発生するのではないか」と述べています。

経気道感染(飛沫またはエアロゾル感染)について分かっていること

 これまでに公開された症例報告やクラスター報告から得られたエビデンスは、新型コロナウイルスの主要な感染経路は経気道感染(飛沫またはエアロゾルが、鼻や口から入るために生じる感染)であり、感染者からの距離と換気の程度が、感染リスクの大きさに重要な影響を与えることを強力に示しています。

 このところ、空気中に浮遊する直径5µm未満のエアロゾルのなかにも、感染性を持つ新型コロナウイルスが存在するという報告が増えています。エアロゾルを発生させる医療行為(気管支鏡検査など)以外にも、カラオケ愛好者の集まりや合唱サークルで、また、換気の悪い室内などで、エアロゾルが、離れた場所にいる人にまで感染を広げた可能性は示されています。

 しかし、感染者からの距離が感染リスクの重要な決定因子であることを示した報告、すなわち、エアロゾル感染よりも飛沫感染が主な感染経路であることを示した報告が複数あります。

 たとえば、電車内での感染の事例では、感染者の座席からの距離と、感染者と同じ車両内に滞在した時間が、感染リスクと密接に関係していました。また、フィットネス教室では、無症状の感染者であるインストラクターが狭い空間で多くの人とともに高強度の運動(息が荒くなる運動)を行ったクラスではクラスターが発生しましたが、少人数の生徒にピラティスを教えたクラスでは、二次感染は起こりませんでした。

 新型コロナの感染予防における換気の重要性は、中国で家庭内感染のリスクについて調べた研究者たちによって示されています。窓を開けていた家庭では、そうでなかった家庭に比べ、家族間の感染が少なかったそうです。また、換気不良は、バーや教会などでの多くのクラスターの発生と関連づけられています。

 感染予防におけるマスクの有効性については、医療従事者と一般人の両方に対する効果を示したデータがあります。中国で行われた1件の研究は、発症前のマスクの使用が、家庭内感染を顕著に抑制したと報告しています。こうしたエビデンスも、新型コロナウイルスが主に経気道感染することを示しています。

感染リスクには、感染者からの距離と換気の程度が大きく影響することが、さまざまな報告から裏付けられています。(C)Andriy Popov-123RF
新型コロナ
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

  • 早期発見、早期治療で治す「大腸がん」 適切な検査の受け方は?

    日本人のがんの中で、いまや罹患率1位となっている「大腸がん」。年間5万人以上が亡くなり、死亡率も肺がんに次いで高い。だがこのがんは、早期発見すれば治りやすいという特徴も持つ。本記事では、大腸がんの特徴や、早期発見のための検査の受け方、かかるリスクを下げる日常生活の心得などをまとめていく。

  • 放置は厳禁! 「脂肪肝」解消のコツ

    人間ドック受診者の3割以上が肝機能障害を指摘されるが、肝臓は「沈黙の臓器」だけあって、数値がちょっと悪くなったくらいでは症状は現れない。「とりあえず今は大丈夫だから…」と放置している人も多いかもしれないが、甘く見てはいけない。肝機能障害の主たる原因である「脂肪肝」は、悪性のタイプでは肝臓に炎症が起こり、肝臓の細胞が破壊され、やがて肝硬変や肝がんへと進んでいく。誰もが正しく知っておくべき「脂肪肝の新常識」をまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.