日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > トピックス  > 山本昌投手50歳の引退登板 プロとしての長寿の秘密
印刷

トピックス

山本昌投手50歳の引退登板 プロとしての長寿の秘密

最年長記録更新の「裏」には柔軟な思考があった?!

 寺西 芝=日経Gooday

今季限りで現役を引退するプロ野球中日ドラゴンズの山本昌投手(本名:山本昌広)。引退登板で一人の打者に投げ、50歳1カ月での登板は日本最年長記録だ。83年にドラゴンズに入団して32年、数々の最年長記録を更新した山本昌投手の選手としての「長寿」の秘密を探ってみた。

 ノーヒットノーランのプロ野球最年長記録保持者、通算219勝、50歳1カ月での先発登板は自らの記録を更新する日本最年長記録。数々の記録を打ち立て、もはやレジェンドの山本昌投手。ただ、独特のフォームから繰り出される球はけっして速いわけではない。では、なぜこんなに長く現役で活躍できたのか。

“米国留学”が原点

 まず、山本昌投手のこれまでの経歴を見てみよう。

 「18歳の時に大きな夢を抱いて中日ドラゴンズに入団しましたが、全然力足りず、苦悩の日々を過ごしていましたが、1988年にドジャーズに留学して、アイク生原さんに指導していただいて、まさかここまで花が咲くとは思いませんでしたが、あそこが本当に原点だったかなと今思います」(中日ドラゴンズ公式ウェブサイトに掲載された引退発表時のコメントから)

(Ievgen Onyshchenko/123RF.com)

 1983年にドラフト5位で入団。入団後2年間は1軍登板がなく、3年目の86年10月にプロ初登板したものの、86~87年の2年間はまったく勝てなかった。勝ち星もないまま88年のキャンプを迎えていたときのことだ。

 本人が語っているように、プロ入り5年目の88年、キャンプで米国フロリダ州ベロビーチのドジャータウンを訪れる。当時中日はドジャーズと業務提携しており、この地で春季キャンプを行っていた。そこで星野仙一監督(当時)からこのままフロリダに残って米国のマイナーリーグで投げるよう“通告”を受けるのだ。日本のプロ野球選手なのに、日本のリーグから遠ざけられ、米国生活が始まる。

 これがかえってよかったとスポーツライターの青島健太氏は言う。

青島健太氏

 「若い頃にしっかりと時間を持てたことが、本人の財産になっていると思う。米国の文化は欠点を矯正するのではなく、持ち味をより伸ばす指導だからよかったのでは」

 体は大きいが、5年たっても芽が出ない。そんなときに出された“通告”だったが、現地になじむことでそれをプラスに変えていった。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

  • 「ウォーキング」「ジョギング」 大きな健康効果を得るための小さなコツ

    ウォーキングやジョギングなどの「有酸素運動」には、「コロナ太り」の解消や、生活習慣病の予防、免疫力アップなどが期待できる。ただし、漫然と歩くだけでは運動効果は低いし、かといって本格的なジョギングは運動初心者にはハードルが高い。そこで運動効果の上がる歩き方と、初心者でもできる走り方のコツを紹介する。

  • 悩ましい「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法

    放っておいても失明につながる心配はないものの、日常生活に不便をもたらしたり、疲れや肩こりなどの体の不調を引き起こす、悩ましい目の症状。今回は、そうした「ちょっと困った目の症状」の代表例である「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法をまとめていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.