日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > トピックス  > ノーベル生理学・医学賞、大村智氏の功績
印刷

トピックス

ノーベル生理学・医学賞、大村智氏の功績

熱帯病治療薬などの創製に寄与

 河野 修己=日経バイオテク

記者会見での大村智氏。

 ノーベル財団は10月5日、2015年のノーベル生理学・医学賞を発表。イベルメクチンの発見者として知られる北里大学名誉教授の大村智氏が受賞した。

 大村氏は1935年生まれの80歳。山梨大学学芸学部自然科学科を卒業後、5年間、都立高校夜間課程の教師を経験。働きながら東京理科大学大学院理学研究科に進学し、研究者としての道を歩み始めた。1968年からは北里大学や北里研究所に研究の場を移し、大学教授や研究所の理事長などを歴任。新規医薬品の創製に取り組んだ。

 大村氏は、静岡県の土壌に棲息する放線菌が産生する化合物のエバーメクチンが、抗寄生虫作用を持つことを発見し、そのジヒドロ誘導体であるイベルメクチンも創製した。イベルメクチンは1981年にまず動物薬として発売され、1987年にはヒト用医薬品に転用。熱帯病のオンコセルカ症、リンパ系フィラリア症の治療薬として、毎年約3億人が服用する薬になった。イベルメクチンの登場で、中南米ではオンコセルカ症の撲滅に成功しており、アフリカでも10年以内に発症を一掃できる見込みだという。

 1985年には世界で始めた、遺伝子組換え菌による抗生物質の生産に成功。2000年にはエバーメクチン生産菌のゲノム解析も成し遂げた。

 大村氏が率いた研究グループはこれまでに500以上の新規天然有機化合物を発見しており、この中にはプロテインキナーゼ阻害剤スタウロスポリン、プロテアソーム阻害剤ラクタシスチン、脂肪酸活性化酵素阻害剤トリアクシンなどが含まれている。

 同日夜に開かれた記者会見で大村氏は、「日本はうまく微生物を使いこなしてきた歴史がある。食料や農業生産で利用してきた伝統がある。そのほんの一片として私が存在している。今回の受賞にも、先輩が築いてくれた学問的蓄積が寄与している。北里柴三郎の教えだが、科学者とのいうのはとにかく人のために働かなければならない。常に人の役に立つことを考えてきた」と話した。

 また、「なぜいくつもの薬の実用化に成功できたのか」という記者の質問に対して、大村氏は、「特に抗生物質の研究は、完全なる共同研究の塊である。菌を見つけるだけでなく、生化学者などと共同してやっていかなければならない。こういう人たちの力がうまく融合された結果だと思う。もう1つは、私自身、いろんなことを知らなければならないと考え、めちゃくちゃ本を読んだ。これで研究全体の流れを理解できることができた。今から振り返ると、これが良かったと思う」とコメントした。

この記事は、日経メディカルからの転載です。

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 青魚のDHAやEPAで、血管を若返らせて、メタボも抑制!

    サバ、イワシなどの「青魚」の健康効果が注目されている。青魚にたっぷり含まれるDHAやEPAは、血管を若返らせ、メタボを抑制したり、認知症のリスクを下げる効果も期待できる。手軽に食べられる「サバ缶」や「イワシ缶」も人気で、カルシウムもしっかりとれるため、骨粗鬆症の予防にもなる。

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.