日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > トピックス  > ノーベル賞・本庶佑氏が開発したがん治療薬「オプジーボ」はここがスゴイ
印刷

トピックス

ノーベル賞・本庶佑氏が開発したがん治療薬「オプジーボ」はここがスゴイ

ただし効果には個人差もあり、副作用のリスクも踏まえた選択を

 大西淳子=医学ジャーナリスト

 「Bench-to-bedside」――。研究室の作業台の上で生まれた成果が画期的な薬剤になって、世界中の患者の元に届き、多くの命を救うこと。これが医学領域の基礎研究を行う研究者の願いです。2018年のノーベル医学生理学賞を共同受賞した、京都大学の本庶佑氏と米テキサス大学のジェームズ・アリソン氏は、いずれもこの願いをかなえた数少ない研究者です。

 本庶氏らの受賞理由は、「がん細胞による免疫抑制を解除する、全く新しいがん治療法を発見したこと」。2人は、それぞれ別の分子(いずれも免疫チェックポイント分子;下記参照)に注目し、基礎研究を進めて、その作用を阻害することでがん細胞の増殖を防ぐ治療薬「オプジーボ」(一般名ニボルマブ)と「ヤーボイ」(一般名イピリムマブ)の開発に結びつけました。

がん細胞は、自らに対する免疫反応にブレーキを掛けて攻撃を回避し、増殖している。写真はイメージ=(C)Asawin klabma-123RF

「免疫のブレーキ」を外してがんを攻撃させる、全く新しい治療法

 本庶氏らが開発した薬剤は、免疫チェックポイント阻害薬と呼ばれます。この薬は、従来の治療薬とはどう違うのでしょうか。

 私たちが健康を維持するには、外から入ってくる様々な異物(ウイルスや細菌など)を排除する、免疫の働きが不可欠です。ところが、免疫機能が暴走すると、本来は有害ではないもの(例えばスギ花粉や自分の体の組織など)に対して過剰に反応し、アレルギーや自己免疫疾患(関節リウマチ、全身性エリテマトーデスなど)を引き起こします。免疫系には、こうした暴走にブレーキをかける抑制機構が備わっており、これを制御しているのが、免疫チェックポイント分子です(チェックポイントには検問所という意味があります)。

 がん細胞は、ブレーキとして働く免疫チェックポイント分子を悪用し、自らに対する免疫反応にブレーキを掛けて攻撃を回避し、増殖していますそのブレーキを解除し、免疫系ががん細胞を攻撃できるようにするのが、免疫チェックポイント阻害薬というわけです。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

  • あなたの腎臓、大丈夫? 急増する慢性腎臓病を防ぐ

    普段あまり意識することの少ない「腎臓」。だが近年、人口の高齢化に伴い、慢性腎臓病から人工透析へと至る患者が急増している。腎臓は、ひとたびその機能が失われると、坂道を転がり落ちるように悪化していく。そうなる前に腎臓の異常を察知し、腎機能の悪化を食い止めるにはどうすればいいのか。重要ポイントをまとめた。

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.