日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > トピックス  > ノーベル賞・本庶佑氏が開発したがん治療薬「オプジーボ」はここがスゴイ  > 3ページ目
印刷

トピックス

ノーベル賞・本庶佑氏が開発したがん治療薬「オプジーボ」はここがスゴイ

ただし効果には個人差もあり、副作用のリスクも踏まえた選択を

 大西淳子=医学ジャーナリスト

オプジーボの効果には個人差があり、重い副作用のリスクも

 オプジーボが画期的な薬であることは間違いありません。ただし、すべての患者に有効な、夢の薬ではありません

 この種の薬剤は通常、点滴により投与されるため、その作用は全身に及びます。自分の組織に対する免疫反応を抑制していたブレーキの解除が全身で起こるとしたら、本人の遺伝的な背景や環境要因によっては、あらゆる臓器に過剰な免疫反応が起こる可能性があります。

 実際に、患者に現れる副作用はさまざまで、間質性肺炎、甲状腺機能異常、劇症1型糖尿病、自己免疫性腸炎、重症筋無力症などの重大な副作用が10%の患者にみられたという報告もあります(参考資料3)。したがって、投与の可否は主治医によって慎重に判断され、投与開始後には、注意深い経過観察が行われます。

 免疫チェックポイント阻害薬の効果は人ごとに異なります。顕著な効果が見られる患者がいる一方で、効果がない患者や、急速な悪化を経験する患者もいます。患者は医師と十分に話し合って、自分が望む毎日と人生を送るために最も適した治療法を選んでほしいと思います。

【参考資料】
1)京都大学大学院医学研究科免疫ゲノム医学講座 ホームページ
2)本庶佑「獲得免疫の驚くべき幸運」(2016年京都賞基礎科学部門受賞記念講演録)
3)「免疫チェックポイント阻害薬(ニボルマブ(オプジーボ)、イピリムマブ(ヤーボイ))などの治療を受ける患者さんへ」(公益社団法人日本臨床腫瘍学会)(2016年7月13日)

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.