日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > トピックス  > 梅毒流行が加速、9月半ばで昨年実績を超える  > 2ページ
印刷

トピックス

梅毒流行が加速、9月半ばで昨年実績を超える

 三和 護=編集委員

 我が国の梅毒患者の報告数(2008~14年。感染症発生動向調査:15年1月15日現在)を見ると、ひところの何十万、何万といった報告数からはかなり少なくなっている。だが、最近は2011年から増加に転じ、今年も既に昨年を上回ったことから5年連続の増加となった。報告数は1990年の実績に迫る勢いにある。

 病期別では、早期顕性(I期、II期)と無症候の患者が増えているのが特徴だ。これは、新規の患者が多いことを示しているだけでなく、無治療のまま潜伏期に入ってしまった患者が増えていることを物語っている。

 感染経路にも変化が表れている。これまでは男性の同性間性的接触による感染が目立っていた。一方の女性では、異性間性的接触による感染が主だった。それが男性でも異性間性的接触による感染例が増加中であり、男性から女性へ、そして女性から男性へという悪循環が顕著になっていると警戒されている。

 国立感染症研究所では、こうした悪循環を断つために若年層を中心とした啓発が欠かせないとして、対策強化を呼び掛けている。

この記事は、日経メディカルからの転載です。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • あなたの腎臓、大丈夫? 急増する慢性腎臓病を防ぐ

    普段あまり意識することの少ない「腎臓」。だが近年、人口の高齢化に伴い、慢性腎臓病から人工透析へと至る患者が急増している。腎臓は、ひとたびその機能が失われると、坂道を転がり落ちるように悪化していく。そうなる前に腎臓の異常を察知し、腎機能の悪化を食い止めるにはどうすればいいのか。重要ポイントをまとめた。

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.