日経グッデイ

トピックス

「60歳を過ぎてから、昔よりもアクティブになった」は何割?(シニア向け調査より)

新たなチャレンジのために最も必要だと思うものは「健康」

 鈴木 英子=ニューズフロント

 トレンド総研がまとめた「シニアのチャレンジ」に関する調査結果によると、多くのシニアが実年齢以上に活動的であると自覚し、自分の活動年齢は実際の年齢より平均6歳以上若いと自己評価している。

 60歳代―70歳代の男女500人に、60歳を過ぎてから何か新しくチャレンジしたことはあるか聞いたところ、「ある」が半数以上(55%)にのぼった。これから新しくチャレンジしたいことはあるかとの質問に対しても、3人に1人(34%)が「ある」と答えた。

 具体的にチャレンジしたいことは、「趣味」(41%)、「旅行」(36%)のほか、「運動・スポーツ」(21%)、「勉強・資格取得」(19%)、「仕事・ビジネス」(15%)などが挙げられ、幅広い分野に興味や関心を持つ様子がうかがえる。

これから新しくチャレンジしたいことは
[画像のクリックで拡大表示]

 60歳になる前となった後でチャレンジしたいことが変わったか聞いてみると、57%が「変わった」と答えた。自由回答では、「定年後は何も考えず日々過ごそうと思っていたが、実際はジムへ通ったり、海外旅行を楽しんだりしている」(67歳女性)、「60歳になってから会社を設立したくなり、資金調達のため3つの仕事を掛け持ちしている」(66歳男性)といった声が寄せられた。

 「60歳になる前に想像していたよりも、自分はアクティブに活動していると思うか」との質問には、60%が「そう思う」と回答。また、37%が「60歳を過ぎてから、昔よりもアクティブになったと思う」とし、31%が「自分の子供よりもアクティブに活動していると思う」と答えた。

60歳前に想像していたよりも自分はアクティブに活動していると思うか
[画像のクリックで拡大表示]

 自分の活動する気力や体力などを年齢で表すとしたら何歳だと思うか聞いたところ、回答の平均は「実年齢マイナス6.3歳」だった。

 新しいことや楽しいことにチャレンジし続けるために最も必要だと思うものは、「健康」(67%)との回答が圧倒的に多く、「気力(好奇心・興味)」(13%)、「お金」(7%)、「体力」(6%)などを大きく上回った。

新しいことにチャレンジし続けるために最も必要だと思うものは
[画像のクリックで拡大表示]