日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > トピックス  > 新幹線は「左の通路側」席がベスト? 移動疲れの軽減策  > 2ページ目
印刷

トピックス

新幹線は「左の通路側」席がベスト? 移動疲れの軽減策

疲労の専門家に聞く 長時間旅行の疲れ軽減策(下)

 田村知子=フリーランスエディター

進行方向左側に座り、カーテンや耳栓で刺激を遮断

そうした環境による疲れを軽減するには、どんな対処法がありますか。

 前回「『貧乏ゆすり』実は体にいい? 長時間移動の疲れ軽減に有効とも」でも、飛行機や新幹線の座席は、立って歩きやすい通路側がいいとお話ししましたが、環境の面からも、新幹線では特に通路側、それも進行方向に向かって左側、つまり対向車両とすれ違わないサイドの通路側の座席を選んで、状況が許すならカーテンを閉めておくことをお勧めします。そうすれば、気圧の変化や景色、光などの視覚的な刺激の影響を軽減できます。

 気圧対策には、耳栓も有効です。耳の最も奥にある内耳には気圧のセンサーがあり、急激な気圧の変化が生じると、鼓膜が気圧の低い方に引っ張られることで、耳がツンと詰まったような感じになります。耳栓をしておくと、この現象も防ぐことができます。また、ノイズも交感神経を高めるので、音の刺激を遮断して、自律神経を休めるうえでも、耳栓は有効だと思います。

耳栓の代わりに、イヤホンをするのはどうでしょうか。

 近年、イヤホンの継続的な使用が原因となる中耳炎が増えていることが問題になっていますが、移動時の一時的な使用なら特に問題はないでしょう。イヤホンで自分の好きな音楽を聴くことも、リラックスできて、疲労の軽減に役立つでしょう。

耳栓を使う代わりに、イヤホンで好きな音楽を聴くのもいい(c)rawpixel-123rf
梶本修身(かじもと おさみ)さん
大阪市立大学大学院疲労医学講座特任教授、東京疲労・睡眠クリニック院長
梶本修身(かじもと おさみ)さん 1962年生まれ。大阪大学大学院医学系研究科修了。2003年から産官学連携「疲労定量化及び抗疲労食薬開発プロジェクト」統括責任者。2017年9月には、最新著書『すべての疲労は脳が原因3〈仕事編〉』(集英社新書)、『なぜあなたの疲れはとれないのか?』(ダイヤモンド社)、『“人疲れ”が嫌いな脳』(幻冬舎)を出版。『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ)他、テレビ・ラジオでも活躍中。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悩ましい「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法

    放っておいても失明につながる心配はないものの、日常生活に不便をもたらしたり、疲れや肩こりなどの体の不調を引き起こす、悩ましい目の症状。今回は、そうした「ちょっと困った目の症状」の代表例である「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法をまとめていく。

  • 「眠れない」を解消して抵抗力を高める、3つのNGと6つのテク

    暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、不眠を解消するための3つのNGと、6つの快眠テクニックを紹介する。

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.