日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > トピックス  > 「貧乏ゆすり」実は体にいい? 長時間移動の疲れ軽減に有効とも
印刷

トピックス

「貧乏ゆすり」実は体にいい? 長時間移動の疲れ軽減に有効とも

疲労の専門家に聞く 長時間旅行の疲れ軽減策(上)

 田村知子=フリーランスエディター

 出張や旅行に出かけるときなど、新幹線や列車、飛行機などで長時間移動すると、疲れを感じる人は多いだろう。ただ座っているだけなのに、なぜ疲れてしまうのか。移動疲れを軽減するにはどんな対策が有効か。疲労研究の専門家、大阪市立大学大学院疲労医学講座特任教授で東京疲労・睡眠クリニック院長の梶本修身さんに聞いた。

乗り物で長時間移動すると、ただ座っているだけでも、疲れるのはなぜ?(c)lightpoet-123rf

「ただ座っているだけ」の姿勢が、疲れを招く大きな要因

新幹線や列車、飛行機などに乗って長時間移動すると、疲れを感じる人が多いようです。座席にただ座っているだけなのに、疲れてしまうのはなぜでしょう。

 長時間の移動で疲れる原因にはさまざまな説がありますが、科学的に見て大きな要因といえるのは、移動中の「姿勢」と「環境」です。なかでも、移動による疲れの原因の6~7割は、姿勢に起因していると思います。先ほど「ただ座っているだけなのに、疲れてしまう」といわれましたが、実はその「ただ座っているだけ」の姿勢が、疲れを招いているのです。

それはどういうことでしょう?

 これまでの研究から、長時間にわたって座ったままの姿勢でいると、疲労を感じることが分かっています。その理由を説明する前に、疲れを感じるメカニズムを簡単にお話ししておきましょう。

 まず、疲労は、脳内にある自律神経の中枢に負担がかかることで生じます。自律神経の中枢は、循環、呼吸、体温調節、緊張など生体の恒常性を保つ司令塔。この自律神経に負担がかかると、自律神経を構成している神経細胞が酸素を大量に消費します。その際に、活性酸素が発生して細胞をさびさせることで、自律神経がうまく機能しなくなり、一過性のパフォーマンスの低下が起こります。これが、疲労です。

 細胞がさびつくと、酸化ストレスによる老廃物が生じ、この老廃物が誘因となって、疲労因子の「FF(ファティーグ・ファクター)」が作られます。FFが体内に増えることで、脳の眼窩前頭野(がんかぜんとうや)と呼ばれる部分が疲労感を自覚して、それ以上活動しないよう防御的に疲労感を高めます。そうすると、実際の疲労は脳で起こっていても、だるさなど体の疲れも感じるのです。

なるほど、疲れのメカニズムは理解できました。ただそれが、長時間にわたって座り続けることと、どう関係してくるのでしょうか。

 飛行機などの狭い座席に長時間、座ったままでいると、エコノミークラス症候群(ロングフライト血栓症)を発症しやすいことは、よく知られるようになっています。エコノミークラス症候群は、医学的には「深部静脈血栓塞栓症」といって、座り続けることで下肢の深部静脈(足の筋肉より内側にある太い血管)の血流が悪くなり、血の塊(血栓)ができる「深部静脈血栓症」と、静脈にできた血栓が血流に乗って肺に飛び、肺の動脈を詰まらせる(塞栓)「肺血栓塞栓症」の2つの病態を合わせたものです。

 飛行機や新幹線、車での移動時やデスクワークなどでも、2時間以上座ったままの姿勢でいると、脚の付け根の股関節がほぼ直角に固定されて、静脈やリンパ流が圧迫されます。血流が悪いと循環を制御している自律神経に負担がかかります。実際、長時間座っていると腎臓の血流量が10%程度低下することもあります。腎臓の血流量が低下すると、腎臓で作られる尿の量も減り、血液中の老廃物の排せつが滞ります。先ほど疲れのメカニズムを説明しましたが、疲労因子のFFは、血液中にも増えるので、尿量が減って老廃物が排せつされにくくなると、疲労の大きな要因となるのです。

こまめに歩いて血流を改善、歩けないときは「貧乏ゆすり」を

つまり、長時間座ったままで血流が悪くなることが、疲労につながるわけですね。では、どうすれば、血流の悪化を防げるでしょうか。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.