日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > ダイエット・食生活  > トピックス  > ちゃんと知りたい!機能性表示食品【Goodayまとめ】
印刷

トピックス

ちゃんと知りたい!機能性表示食品【Goodayまとめ】

2015年4月に誕生した新しい食品ジャンル「機能性表示食品」。日経Goodayでは、この機能性表示食品について、トクホやサプリメントとの違い、安全性、消費者や医師の間での認知度、エビデンスの読み方など、様々な角度から記事にしてきました。そうした記事をここに一挙紹介します。

話題の「機能性表示食品」ってなに?

【第1回】トクホもあるのに機能性表示食品が生まれたワケ

 機能性表示食品はトクホやサプリメントとはどう違うの? 具体的にどんな表示がされるの? 安全性は大丈夫?―など、素朴な疑問を3回に分けてQ&A形式で紹介する。

【第2回】どんな食品で、どんな表示が可能になるの?

 「機能性表示食品」の素朴な疑問を、Q&A形式で簡潔に紹介するシリーズの2回目。実際に機能性表示食品が市場に出回り始めた際に、どんな表示がされるのかを具体的に見ていく。

【第3回】機能性表示食品って本当に安全なの?

 「機能性表示食品」の素朴な疑問シリーズの3回目。安全性と消費者の自己責任について解説する。

消費者庁サイトに掲載されているエビデンスの読み解き方

機能性表示食品の科学的根拠はこうチェックする!

 ニュースで見かける健康・医療関連の数字の意味を、正しく理解しているだろうか? ここでは、消費者庁サイトに掲載されているエビデンスの読み解き方について、わかりやすく説明する。

機能性表示食品の「機能」って、信用できる?

 食品を購入するかしないかを判断する立場の消費者としては、イメージに惑わされず、臨床試験や研究レビューのPICO、すなわち、「だれに対して」「何をすると」「何に比べて」「どうなるか」をチェックする必要がある。このPICOについて解説する。

食品の栄養に関する意識調査

【第1回】「味」vs「カラダへの良さ」、食品選びでどちらを重視?

 生鮮食品以外の食品や飲料等を購入する際、最も重視しているポイントをビジネスパーソンに聞いたところ、最も回答数の多かった「価格」(51.0%)に続いたのが「原産地」(45.1%)、「含有成分の種類や量」(41.6%)、「安心・安全性」(34.2%)。「味」(33.9%)や「量」(10.1%)よりも「カラダに良さそうかどうか」に注目している人が多いという結果になった。

【第2回】ビジネスパーソンが食品に求める効用、1位は「〇〇力」UP

 食品に表示されている、栄養素や効能。そこで消費者が思わず手にとってしまう“惹句的栄養素”は一体何だろうか。ビジネスパーソンを対象に調査したところ、3位はカルシウム、2位は鉄だった。さて1位は?

【第3回】機能性表示食品、「知っているけど買ってない」

機能性表示食品の認知度は? 実際にどのくらいの人が活用している?? 日経Goodayの読者にアンケートで聞いてみた。

医師の8割近くは機能性食品の利用を容認

 6月から販売が始まった機能性表示食品。この「新しい枠組みの健康食品」について、医師はどの程度認知しているのだろうか。患者が機能性表示食品や特定保健用食品など、健康維持に役立つとされる機能性食品を利用することに対して医師はどう考えているのだろうか。日経メディカル Onlineの会員医師を対象に、機能性表示食品の認知度や容認度などを尋ねた。

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

  • 早期発見、早期治療で治す「大腸がん」 適切な検査の受け方は?

    日本人のがんの中で、いまや罹患率1位となっている「大腸がん」。年間5万人以上が亡くなり、死亡率も肺がんに次いで高い。だがこのがんは、早期発見すれば治りやすいという特徴も持つ。本記事では、大腸がんの特徴や、早期発見のための検査の受け方、かかるリスクを下げる日常生活の心得などをまとめていく。

  • 放置は厳禁! 「脂肪肝」解消のコツ

    人間ドック受診者の3割以上が肝機能障害を指摘されるが、肝臓は「沈黙の臓器」だけあって、数値がちょっと悪くなったくらいでは症状は現れない。「とりあえず今は大丈夫だから…」と放置している人も多いかもしれないが、甘く見てはいけない。肝機能障害の主たる原因である「脂肪肝」は、悪性のタイプでは肝臓に炎症が起こり、肝臓の細胞が破壊され、やがて肝硬変や肝がんへと進んでいく。誰もが正しく知っておくべき「脂肪肝の新常識」をまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.