日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > トピックス  > 新型コロナウイルスは再感染する  > 2ページ目
印刷

トピックス

新型コロナウイルスは再感染する

やがてインフルエンザのような感染症になる日が来る?

 大西淳子=医学ジャーナリスト

1回目と2回目のウイルスの系統が異なることを確認

 この男性の初回の発症10日目に採取した血液と、2回目の入院初日に採取した血液を対象に、新型コロナウイルスに対する抗体(IgG抗体)の存在を調べたところ、どちらの検体からも検出されませんでした。しかし、2回目の入院5日目の検査では、血液中に抗体が存在していました。これは、初回感染後に産生されたはずの抗体が、再感染が発覚した時点では検出限界以下になっていたが、数日後に再び現れたことを意味します。

 続いて、3月と8月に採取されたPCR検査用の検体を用いて、ウイルスのゲノム配列を調べたところ、それらが異なる系統のウイルスだったことが分かりました。系統学的には、最初に感染したウイルスは、3月~4月に米国またはイングランドで同定されたウイルス株と極めて近縁で、2回目に感染したウイルスは、7月~8月にスイスとイングランドで同定されたウイルス株と極めて近縁でした。以上のデータは、この患者が新型コロナウイルスに再感染したことを示す確実な証拠といえます。論文は8月25日付のClinical Infectious Diseases誌電子版に公開されました(*2)。

米国の20代男性は、再感染で肺炎を発症

 米国で再感染が認められたのは、ネバダ州に住む25歳の男性です。4月18日に行われた住民対象のPCR検査イベントで陽性が判明しました。

 実は、この患者は3月25日の時点で自覚症状があり、咽頭痛、咳、頭痛、吐き気、下痢などを経験していました。男性は陽性判定後に隔離され、4月27日には症状は消失しました。その後、5月9日と5月26日の計2回、新型コロナウイルスの検査(1回目はPCRよりも高感度といわれている核酸検査TMA、2回目はPCR検査)を受けましたが、結果はいずれも陰性でした。

 その後、男性は5月28日までは健康でしたが、再び発熱、頭痛、めまい、咳、悪心、下痢が出現し、5月31日に医療機関を受診しました。このときは胸部X線検査で異常が見られず、帰宅しました。しかし、6月5日に再び受診した時点で低酸素状態が認められたため、酸素吸入を受け、その日のうちに入院してPCR検査を受けました。同日に行った胸部X線検査により肺炎を発症していることが判明し、PCR検査の結果も陽性でした。翌6日に新型コロナウイルスに対する抗体(IgG、IgM)の検査を行ったところ、こちらも陽性になりました。

 この男性が4月に感染した新型コロナウイルスと6月に感染した新型コロナウイルスのゲノム配列を調べたところ、どちらも同じ系統に属していましたが、変異や挿入、欠失が複数見つかりました。

 これまでに行われた研究では、新型コロナウイルスの自然な変異の速度は、1年間に23.12塩基の置換を生じさせるレベルであることが示されています。この患者の2回目の発症の原因ウイルスが、初回感染後に体内に残って自然な変異を繰り返したものだと仮定すると、その速度は年間に83.64塩基の置換が生じるレベルと推定され、既知のデータと大きく矛盾します。したがって、この患者は別のウイルスに再び感染したとみなされました。論文は、世界有数の査読前論文サーバーであるSSRNで、8月31日に公開されました(*3)。

新型コロナ
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策NEW

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

  • 「ウォーキング」「ジョギング」 大きな健康効果を得るための小さなコツ

    ウォーキングやジョギングなどの「有酸素運動」には、「コロナ太り」の解消や、生活習慣病の予防、免疫力アップなどが期待できる。ただし、漫然と歩くだけでは運動効果は低いし、かといって本格的なジョギングは運動初心者にはハードルが高い。そこで運動効果の上がる歩き方と、初心者でもできる走り方のコツを紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.