日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > トピックス  > 新型コロナウイルスは再感染する
印刷

トピックス

新型コロナウイルスは再感染する

やがてインフルエンザのような感染症になる日が来る?

 大西淳子=医学ジャーナリスト

 新型コロナウイルス感染症を発症し、いったん治癒した人が、再びこのウイルスに感染する「再感染」の事例が、米国や香港から相次いで報告されています。

新型コロナウイルスは、一度感染すれば二度と感染しないウイルスではないことが明らかになってきました。(写真提供:NIAID)

再びPCR陽性となった例が、本当に再感染かどうかは不明だった

 これまで、新型コロナウイルスに感染すると、ウイルスに対する抗体が体の中に産生されるものの、比較的短い期間しか維持されない、という報告はありました。しかし、いったん新型コロナウイルス感染症を発症した人が、一定期間を置いて再び感染することがあるのかどうかについては、明確なエビデンスはありませんでした。

 日本国内でもこれまで、新型コロナウイルス感染症と診断されて治療を受けた患者が、PCR検査で2回陰性となって退院したものの、その後に行ったPCR検査で陽性だったという事例や、治癒後に再び症状が現れて、検査をしたら陽性だったという事例の報告は少なからずありました。

 この現象の説明として、「体内にはウイルスが居座っているものの、検体を採取する部位に存在するウイルスの量が検出限界すれすれだったために、一時的に陰性結果が出た(つまり、再感染ではない)」という考え方もあれば、「いったん治癒した後に再度感染した」という考え方も成り立ちますが、どちらが正しいのかは明らかではありませんでした。初回に検出されたウイルスと2回目に検出されたウイルスのゲノム配列を比較する作業は行われていないからです。

 しかし今回、香港と米国において、確実に再感染したといえるケースが確認され、論文として報告されました。それぞれの事例を見ていきましょう。

香港では退院4カ月後の男性が、検疫所で受けたPCR検査で陽性に

 香港から報告されたのは、香港在住の33歳の男性の事例です。この男性は、咳と痰、咽頭痛、発熱、頭痛が3日間続いたため新型コロナウイルスのPCR検査を受けたところ、2020年3月26日に陽性と判定されました。3月29日に入院し、症状は改善。連続する2回のPCR検査が陰性となったため、4月14日に退院しました。

 しかし退院から4カ月後に当たる8月15日、スペインから英国経由で香港に帰国したこの男性が検疫所でPCR検査を受けたところ、陽性となって、2度目の感染が発覚しました。患者は再度入院しましたが、退院まで一貫して無症状でした。

 入院時のCt値(*1)は26.69で、気道には多くのウイルスが存在していましたが、ウイルス量はそれ以降、日に日に減少しました。胸部X線検査を複数回行いましたが、異常は見られませんでした。

*1  Ct値:PCRで標的とするウイルス遺伝子を倍々増幅させる過程で、ウイルス遺伝子の量が設定された閾値に達した時点までに要した増幅回数を意味する。標本中に含まれているウイルス遺伝子が多ければ、少ない増幅回数で十分に検出でき、ウイルス遺伝子が少なければ、検出可能になるまでに要する増幅の回数が多くなる。つまり、Ct値が低いほど、検体の中に含まれていたウイルス遺伝子量が多いことを示す。

1/3 page

最後へ

次へ

新型コロナ
キーワード一覧へ
日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 放置は厳禁! 「脂肪肝」解消のコツNEW

    人間ドック受診者の3割以上が肝機能障害を指摘されるが、肝臓は「沈黙の臓器」だけあって、数値がちょっと悪くなったくらいでは症状は現れない。「とりあえず今は大丈夫だから…」と放置している人も多いかもしれないが、甘く見てはいけない。肝機能障害の主たる原因である「脂肪肝」は、悪性のタイプでは肝臓に炎症が起こり、肝臓の細胞が破壊され、やがて肝硬変や肝がんへと進んでいく。誰もが正しく知っておくべき「脂肪肝の新常識」をまとめた。

  • 肩の痛みから高血圧まで、「姿勢の崩れ」は様々な不調の原因に

    「姿勢」が、肩こりや腰痛の原因になることを知っている人は多いだろうが、足の痛みや高血圧、誤嚥性肺炎まで、全身の様々な不調・疾患の原因になることをご存じの方は少ないかもしれない。これまでに掲載した人気記事から、姿勢と様々な病気・不調との関係について知っておきたいことをコンパクトにまとめた。

  • あなたも「隠れ心房細動」?! 高齢化で急増する危険な不整脈

    脈の速さやリズムが乱れる「不整脈」。その一種である「心房細動」は、高齢化に伴い患者数が増加しており、潜在患者も含めると100万人を超えると言われている。心房細動の怖いところは、放置すると脳梗塞などの命に関わる病気を引き起こす可能性があることだ。本記事では、心房細動の症状や早期発見のコツ、治療のポイントなどをコンパクトにまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday春割キャンペーン

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.