日経グッデイ

トピックス

むくみを感じている女性の6人に1人は「隠れ下肢静脈瘤」!?

 塚越小枝子=フリーライター

「下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)」とは脚の皮下の静脈が凸凹と浮き出たり、瘤(こぶ)のように盛り上がった状態。脚が重い、だるいなどのほか、むくみやかゆみなどの症状が現れる。高齢者の病気と思われがちな下肢静脈瘤だが、都庁前血管外科・循環器内科院長 長江恒幸氏とピップ株式会社共同の実態調査によると、日常的にむくみを感じている20~40代女性の約15%が「隠れ下肢静脈瘤」の可能性があることが分かった。

表面に現れない体内の巡りの低下が「隠れ下肢静脈瘤」に

 脚の静脈が凸凹と浮き出る様子が特徴的な「下肢静脈瘤」。主に皮膚に近いところを流れている「表在静脈」の弁機能が低下することによって、血管が広がり、血流が逆流した状態だ。

 血液は心臓から動脈を通って体のすみずみに運ばれ、静脈を通って心臓に戻る。これを「静脈還流」というが、重力に逆らって心臓に血液を戻すには、下肢の筋肉が運動することによるポンプ作用と、静脈の内側にある2枚の弁が働いている。しかし、この弁に障害が生じ、血管が広がってきちんと弁が閉じなくなると、血液の逆流が起こる。すると血液循環が悪くなり、静脈のうっ滞から瘤などの静脈瘤の症状が起こる。このような状態が続くと、脚が重い、だるい、あるいは、むくみ、かゆみなどの症状も現れる。

静脈の内側にある二枚の弁(逆流防止弁)が障害され、血管が拡張してきちんと閉じなくなると、血液の逆流が起こり、静脈瘤の症状が起こる。
[画像のクリックで拡大表示]

 一方、「隠れ下肢静脈瘤」とは、下肢静脈の機能が低下しているにもかかわらず、表層からは何の病変もないように見える状態。皮膚の表面からはわからない「細い表在静脈」や「伏在静脈」の機能低下、あるいは筋肉内を流れる「深部静脈」の逆流、表在静脈と深部静脈を結んでいる「交通枝」の機能低下により、見た目には分かりにくいが、脚が重い、だるい、むくむ、かゆくなるといった一般的な下肢静脈瘤と同様の症状が見られるという。

皮膚に近いところを流れているものを「表在静脈」、筋層内を流れているものを「深部静脈」、表在静脈と深部静脈を結ぶものを「交通枝(こうつうし)」と呼ぶ。「隠れ下肢静脈瘤」は、細い表在静脈、伏在静脈、深部静脈、交通枝の機能低下により生じ、皮膚表面からは分かりにくい。
[画像のクリックで拡大表示]

 血管が浮き出ず見た目にはあまり分からなくても、静脈の機能やリンパの巡りが低下している可能性があります。これを分かりやすくするために“隠れ下肢静脈瘤”と名づけまた」(都庁前血管外科・循環器内科院長 長江恒幸氏)

 「隠れ下肢静脈瘤」の場合、リンパの巡りが低下してむくみや脚がだるいという症状が強いことが多いが、表面には血管の凸凹などの症状が現れないため、一般的なむくみと勘違いしたままの人も少なくないという。気づかずに放置すると、長期間のうっ滞から、「エコノミークラス症候群(肺血栓塞栓症)」になるリスクも考えられる。

むくみ自覚者の6~7人に1人は「隠れ下肢静脈瘤」の疑い

 20~49歳の日常的にむくみを感じている女性1万2848人を対象に行われた「隠れ下肢静脈瘤」に関する実態調査では、下肢静脈瘤の典型的な4つの症状(下の表)のうち、2つ以上に当てはまると「隠れ下肢静脈瘤」の可能性があるとした。

【表】隠れ下肢静脈瘤チェックリスト
脚のむくみに左右差がある
膝下から足首までの肌、特にくるぶし周辺の肌が黒ずんでいる(うちみ、角質を除く)
脚に、しつこいかゆみまたは湿疹が出ることがある(水虫除く)
脚がつることがある
20代でも隠れ下肢静脈瘤は16.4%もいた。
[画像のクリックで拡大表示]

 調査の結果、むくみを訴える6~7人に1人(15.2%)に「隠れ下肢静脈瘤」の疑いがあることが分かった。年代別に見ると20代にも「隠れ下肢静脈瘤」の疑われる割合が少なからずいた。

 「生活習慣次第で、若くても下肢静脈瘤の可能性は十分に考えられます。若いうちから悪化させない早めのケアが必要です」(長江氏)


「隠れ下肢静脈瘤」はむくみ症状も強く出る

 「隠れ下肢静脈瘤」群は、脚のむくみを毎日感じている人の割合が4割以上で、一般的なむくみを感じている人の約1.5倍も自覚していた。また、朝起きたときに脚のむくみがとれていない頻度も約2倍と、むくみ症状も強く出ることがわかった。

隠れ下肢静脈瘤の人は、一般的なむくみを感じる人に比べむくみを自覚している人が約1.5倍いた。
[画像のクリックで拡大表示]

 また、 「隠れ下肢静脈瘤」群には、脚の見た目に関わる“肌の色”や“血管が目立つ”、“ふくらはぎの形”のコンプレックスや悩みの傾向も強く見られた。

 「血管が目立つという自覚がある人は、“隠れ”ではなく初期の下肢静脈瘤の疑いもあります。また、血流が悪くなり老廃物の回収が進まないと皮膚症状が現れる可能性があります」(長江氏)

 さらに、「隠れ下肢静脈瘤」の人は一般的なむくみの人に比べて肌がつっぱって硬くなる人が約2.8倍、足首のむくみが気になる人が約2倍と、下肢静脈瘤の典型的な症状に関しても大きな差が見られた。特に“脚のかゆみ”を感じる人は約10倍だった。

 「実際、患者さんの多くは脚にかゆみを感じ、症状が進むと色素沈着などの皮膚症状が起こります。足首のむくみも訴えますが、血管が浮き出ないため放置され、下肢静脈の機能低下とはなかなか気づかない人が多いです」(長江氏)

 「隠れ下肢静脈瘤」の人にはこのほか、冷えや骨盤のゆがみ、頭痛、腰痛、便秘といった脚以外の不調も強く見られ、血液循環やリンパの流れの悪化との関連が疑われるという。

女性のほうが「隠れ下肢静脈瘤」になりやすい

 長江氏によると、男性よりも女性のほうが「隠れ下肢静脈瘤」になりやすい傾向があるという。女性は筋肉量が少なく、筋ポンプ作用がはたらきにくいためだ。また、女性ホルモンの影響で月経中は血管が広がり尿の量も減るため、体に水分がたまりやすくなる。妊娠・出産もリスクになる。

 そのほか、加齢により静脈機能は低下するうえ、長時間の立ち仕事・デスクワークも脚に重力がかかりっぱなしになり、筋肉疲労によって血液を心臓に戻す力が低下するため「隠れ下肢静脈瘤」になりやすい。腹圧がかかると弁に影響するため、痔や便秘のある人も要注意だ。

若いうちからのケアが重要

 では、どうすれば「隠れ下肢静脈瘤」を予防できるのか。長江氏によると、筋肉のポンプ機能を最大限活用して、血液やリンパ液の流れを改善し、できるだけ静脈弁の負担を減らすことが大切だという。

 「30代以降の約半数に下肢静脈瘤が潜んでいるという統計もあります。脚の老化を防ぐためにも、若いうちからケアを心がけましょう」(長江氏)

 以下に、「隠れ下肢静脈瘤」予防・ケアの方法を紹介する(エクササイズ指導は、健康運動指導士・椎橋聡子さん)。

静脈うっ滞の解消
普段から気をつけること
  • 可能なら数時間に1度、脚を椅子の上にのせるなど、脚の負担を減らす姿勢をとる。
  • 1時間に1回、足の指を動かす(グーパーを10回程度くり返すなど)。
  • 締め付けの強いガードル、コルセットを避ける。
  • 肥満対策として運動をする。
  • 手足ぶらぶら体操(全身の血流改善)
    [画像のクリックで拡大表示]
    (1)仰向けに寝て足・腕を高く上げる(手首・膝は軽く曲げる)。
    (2)全身を楽にして小刻みにブルブルと手足を振る。
    (3)20~30秒を2セットくり返す。
下肢の筋力強化
カーフレイズ(ふくらはぎを鍛える)
[画像のクリックで拡大表示]
(1)ゆっくりかかとを上げて10秒静止。
(2)次にゆっくりかかとを下ろして10秒静止。
スタンディングレッグカール(ふくらはぎ、前ももを鍛える)
[画像のクリックで拡大表示]
(1)壁(椅子)の横に立って、片手を壁(椅子)につける。
(2)膝を曲げ、脚を後ろに浮かせた状態でスタンバイ。
(3)かかとをお尻に近づけるようにして、ゆっくり膝を曲げる。ゆっくり下ろす。
血液とリンパの巡りを助ける「深い呼吸」を身につける
深呼吸ストレッチ
[画像のクリックで拡大表示]
(1)うつぶせになり、両腕で体を支えながら上体を反るように起こす。
(2)この姿勢をキープしながら10秒胸とおなかを伸ばす。
(3)さらに同じ体勢でゆっくり息を吸う・吐く。この深呼吸を5回ほどくり返す。
ふくらはぎの筋ポンプ力を外側から補う
着圧ソックスの着用
    [画像のクリックで拡大表示]
  • 段階圧力の着圧ソックスを着用する(長時間・長期間の継続使用が理想的)。

長江恒幸(ながえ つねゆき)さん
都庁前血管外科・循環器内科 院長
日本外科学会専門医、日本循環器学会専門医、脈管専門医。日本静脈学会評議員、日本脈管学会評議員、下肢静脈瘤に対する血管内焼灼術指導医。専門は下肢静脈瘤、動脈硬化、閉塞性動脈硬化症、深部静脈血栓症、リンパ浮腫など。主な著書に『血管の病気と言われたら…』(保健同人社)(編集・共著)。