日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > トピックス  > むくみを感じている女性の6人に1人は「隠れ下肢静脈瘤」!?  > 2ページ
印刷

トピックス

むくみを感じている女性の6人に1人は「隠れ下肢静脈瘤」!?

 塚越小枝子=フリーライター

むくみ自覚者の6~7人に1人は「隠れ下肢静脈瘤」の疑い

 20~49歳の日常的にむくみを感じている女性1万2848人を対象に行われた「隠れ下肢静脈瘤」に関する実態調査では、下肢静脈瘤の典型的な4つの症状(下の表)のうち、2つ以上に当てはまると「隠れ下肢静脈瘤」の可能性があるとした。

【表】隠れ下肢静脈瘤チェックリスト
脚のむくみに左右差がある
膝下から足首までの肌、特にくるぶし周辺の肌が黒ずんでいる(うちみ、角質を除く)
脚に、しつこいかゆみまたは湿疹が出ることがある(水虫除く)
脚がつることがある
20代でも隠れ下肢静脈瘤は16.4%もいた。
[画像のクリックで拡大表示]

 調査の結果、むくみを訴える6~7人に1人(15.2%)に「隠れ下肢静脈瘤」の疑いがあることが分かった。年代別に見ると20代にも「隠れ下肢静脈瘤」の疑われる割合が少なからずいた。

 「生活習慣次第で、若くても下肢静脈瘤の可能性は十分に考えられます。若いうちから悪化させない早めのケアが必要です」(長江氏)


「隠れ下肢静脈瘤」はむくみ症状も強く出る

 「隠れ下肢静脈瘤」群は、脚のむくみを毎日感じている人の割合が4割以上で、一般的なむくみを感じている人の約1.5倍も自覚していた。また、朝起きたときに脚のむくみがとれていない頻度も約2倍と、むくみ症状も強く出ることがわかった。

隠れ下肢静脈瘤の人は、一般的なむくみを感じる人に比べむくみを自覚している人が約1.5倍いた。
[画像のクリックで拡大表示]

 また、 「隠れ下肢静脈瘤」群には、脚の見た目に関わる“肌の色”や“血管が目立つ”、“ふくらはぎの形”のコンプレックスや悩みの傾向も強く見られた。

 「血管が目立つという自覚がある人は、“隠れ”ではなく初期の下肢静脈瘤の疑いもあります。また、血流が悪くなり老廃物の回収が進まないと皮膚症状が現れる可能性があります」(長江氏)

 さらに、「隠れ下肢静脈瘤」の人は一般的なむくみの人に比べて肌がつっぱって硬くなる人が約2.8倍、足首のむくみが気になる人が約2倍と、下肢静脈瘤の典型的な症状に関しても大きな差が見られた。特に“脚のかゆみ”を感じる人は約10倍だった。

 「実際、患者さんの多くは脚にかゆみを感じ、症状が進むと色素沈着などの皮膚症状が起こります。足首のむくみも訴えますが、血管が浮き出ないため放置され、下肢静脈の機能低下とはなかなか気づかない人が多いです」(長江氏)

 「隠れ下肢静脈瘤」の人にはこのほか、冷えや骨盤のゆがみ、頭痛、腰痛、便秘といった脚以外の不調も強く見られ、血液循環やリンパの流れの悪化との関連が疑われるという。

女性のほうが「隠れ下肢静脈瘤」になりやすい

 長江氏によると、男性よりも女性のほうが「隠れ下肢静脈瘤」になりやすい傾向があるという。女性は筋肉量が少なく、筋ポンプ作用がはたらきにくいためだ。また、女性ホルモンの影響で月経中は血管が広がり尿の量も減るため、体に水分がたまりやすくなる。妊娠・出産もリスクになる。

 そのほか、加齢により静脈機能は低下するうえ、長時間の立ち仕事・デスクワークも脚に重力がかかりっぱなしになり、筋肉疲労によって血液を心臓に戻す力が低下するため「隠れ下肢静脈瘤」になりやすい。腹圧がかかると弁に影響するため、痔や便秘のある人も要注意だ。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.