静脈の内側にある二枚の弁(逆流防止弁)が障害され、血管が拡張してきちんと閉じなくなると、血液の逆流が起こり、静脈瘤の症状が起こる。

記事に戻る