日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > トピックス  > たった1人のはしか患者から大流行が起きる理由  > 2ページ目
印刷

トピックス

たった1人のはしか患者から大流行が起きる理由

コンサート会場から爆発的流行への警戒強まる

 高橋義彦=医学ライター

今年に入って患者が急増、既に32人に

閉ざされた空間では特に感染が拡大しやすい。(©Melinda Nagy-123rf)

 このように麻疹は決して侮れない感染症だ。近年、日本では、国内の麻疹ウイルス(土着株)による感染例がゼロという状態が3年以上続いており、2015年3月に世界保健機関(WHO)により「排除状態」と認定された。しかし、海外で感染した帰国者の事例(輸入感染)は依然として多数報告されているので、麻疹を発症する患者自体がゼロになったわけではない。実際に今回麻疹と判明した男性も、東南アジアからの帰国直後だったという。国立感染症研究所感染症情報センターによると、2016年は既に32人の麻疹患者が報告されており(*3)、同センターは25日、「麻しんに関する緊急情報」(*4)を発表している。

 唯一ともいえる予防策がワクチン接種だ。麻疹と風疹の混合ワクチン(MRワクチン)として接種されることが多い。接種すれば95%以上の人が麻疹ウイルスに対する免疫(抗体)を獲得できる。定期接種(1歳児、小学校入学前1年間の小児などが対象)を受けていない人、あるいはこれまでに麻疹に罹っておらず、ワクチン接種の有無が不明な人はワクチンを受けるべきだろう。

 麻疹の感染リスクのある人は、ワクチン接種前の1歳までの乳児と、2回目の接種漏れの多い10~20歳代を中心に、国内に300万人弱存在すると推測されている(*2)。免疫があるかどうか分からない場合は、医療機関で抗体検査を受けることができる。分からない状態でワクチンを受けても問題はない。

 日本と同様に麻疹が「排除状態」にある米国では2015年1月、ディズニーランドを訪れた一人の麻疹感染者から爆発的な流行が起きた。そんな事態が日本でも起こる可能性がある。

 今回問題となったコンサート会場で麻疹に感染した人は、8月24日頃から症状が出始めていると予想されている。上記のような症状には十分注意し、体調に変化が生じたときは医療機関を受診してほしい。その際、二次感染を防ぐためにも、麻疹の恐れがあることをあらかじめ伝えてから受診することをお勧めする。

*3 国立感染症研究所 感染症情報センター 2016年感染症発生動向調査への麻しん報告例(n=32) 第1週~33週(8月24日集計) 2016年8月26日
*4 国立感染症研究所 感染症情報センター 麻しんに関する緊急情報

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悩ましい「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法

    放っておいても失明につながる心配はないものの、日常生活に不便をもたらしたり、疲れや肩こりなどの体の不調を引き起こす、悩ましい目の症状。今回は、そうした「ちょっと困った目の症状」の代表例である「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法をまとめていく。

  • 「眠れない」を解消して抵抗力を高める、3つのNGと6つのテク

    暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、不眠を解消するための3つのNGと、6つの快眠テクニックを紹介する。

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.