日経グッデイ

トピックス

トクホのイメージ、2~3位は「健康」「効果」、1位は?

利用者がトクホに求める効果は「脂肪」に関連したもの多く

 鈴木 英子=ニューズフロント

 ネット調査会社のマーシュは、週に1日以上、健康食品を摂取している30代~60代の男女320人を対象に実施した、健康食品に関する調査(調査期間:2015年7月9日~14日)の結果を発表した。それによると、普段、自分自身で購入して摂取している健康食品は「サプリメント」(83.4%)が圧倒的に多く、次いで「栄養ドリンク」と「お茶(健康茶、ダイエット茶など)」(いずれも26.9%)が続いた。

 性年代別にみると、「栄養ドリンク」は男性30代(45.0%)で特に多く、「お茶」は男女ともに30代の割合(男性35.0%、女性40.0%)が高い(図1)。

図1◎ 自分で購入して摂取している健康食品
[画像のクリックで拡大表示]

健康食品を取る目的は「健康維持」が最も多く

 健康食品を摂取している目的を聞くと、「栄養ドリンク」と「バランス栄養食品」を除く7項目すべて(「サプリメント」「お茶」など)で、「健康維持」が1位に挙げられた。「栄養ドリンク」では「疲労回復」を目的にする人が8割以上を占め、「バランス栄養食品」では「栄養補給」と「食事の代用」が2大目的となっている。

 特定保健用食品(トクホ)について尋ねると、3カ月以内の摂取が最も多かったのは「お茶」(33.8%)だった。次いで「お茶以外の清涼飲料(青汁、トクホ炭酸飲料など)」(20.3%)、「サプリメント」(18.4%)が続いた。性年代別で見ると、男性30代は「お茶」「お茶以外の清涼飲料」に続き「栄養ドリンク」が多く、飲料でのトクホ摂取が頻繁である様子がうかがえる(図2)。

図2◎ 3カ月以内に摂取したトクホ
[画像のクリックで拡大表示]

トクホのイメージ、男性の2割は「気休め」と回答

 トクホについてのイメージは、「価格が高い」(56.3%)が1位、「健康に良い」(41.3%)が2位、「効果が高い」(30.9%)が3位となった。一方で、「気休め」(18.4%)との意見が4位に続き、特に男性30代と60代はともに3割近く(27.5%)が「気休め」と思っている(図3)。

図3◎ トクホに対して抱いているイメージ
[画像のクリックで拡大表示]

 どのような効果のあるトクホ商品を購入したいと思うか聞くと、「体脂肪低下」(51.6%)が1位、「中性脂肪が付きにくくなる 」(50.9%)が2位となり、脂肪に対する効果への期待が大きい。性年代別の特徴を見ると、男性50代~60代では「血圧低下」への期待が他の層より強く、女性の40代以上は「骨の健康を維持」を望む声が5割を超えた(図4)。

図4◎ トクホで魅力を感じる効果
[画像のクリックで拡大表示]