日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > トピックス  > 最近よく聞く「多発性硬化症」ってどんな病気?
印刷

トピックス

最近よく聞く「多発性硬化症」ってどんな病気?

20~30代女性に多く、「見えにくい」「感覚が鈍くなる」など多彩な症状

 大橋高志=東京女子医科大学八千代医療センター神経内科准教授

近頃、テレビのチャリティ番組などで見聞きする「多発性硬化症」という耳慣れない病名。いったいどんな病気なのでしょうか。多発性硬化症に詳しい、東京女子医科大学八千代医療センター 神経内科准教授の大橋高志先生にお話を聞きました。

脳や脊髄の神経が損傷される病気

「多発性硬化症」とは、どんな病気なのでしょうか。

大橋 「多発性硬化症(Multiple Sclerosis:MS)」は、脳や脊髄、視神経などの中枢神経に炎症が起こり、多様な神経症状(視覚障害、感覚低下など)を繰り返しながら進行していく病気です。様々な研究が進んでいますが、現在のところ根治する方法はなく、国の指定難病の1つになっています。

 発症の原因もまだ解明されていませんが、免疫の働きが関係していると考えられています。何らかのウイルスが体内に侵入してきたとき、通常は外敵から体を守るために免疫の仕組みが働いて、血液中のリンパ球が、ウイルスに攻撃をしかけます。ところが、ウイルスではなく、自分自身の組織を攻撃してしまうことがあります。これを「自己免疫疾患」と呼び、多発性硬化症も自己免疫疾患とされています。

 多発性硬化症は、脳や脊髄の神経を覆っている髄鞘(ずいしょう:ミエリンとも呼ぶ)が免疫に攻撃されることで、炎症を起こして脱髄(だつずい)という状態になり、様々な神経症状が現れます。これは電線にたとえてみると、分かりやすいかもしれません(図1)。

図1◎ 正常の神経と損傷された神経
図1◎ 正常の神経と損傷された神経
神経細胞から伸びる軸索(じくさく)を覆う髄鞘(ずいしょう)が損傷されることで、電気信号(赤い矢印)がスムーズに伝わらなくなってしまう。
[画像のクリックで拡大表示]

 中枢神経は、神経細胞から伸びる電線のような軸索(じくさく)を通して、電気信号を伝達し、脳に感覚を伝えたり、脳から体を動かす指令を送ったりしています。電線はショートを防ぐために絶縁体で覆われていますが、中枢神経も同じように、絶縁体の役割を果たす髄鞘に覆われています。免疫が髄鞘を攻撃すると、炎症を起こして脱髄になります。いわば、絶縁体がはげ落ちて、電線がむき出しになった状態です。そのため、“漏電”が起こり、電気信号がスムーズに伝えられなくなり、いろいろな症状が現れるようになるのです。

1/4 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    中年にもなると、お腹がぽっこり出てくるのが気になる人も多い。特に薄着の季節になると、お腹が出ているのが気になり、何とか短期間で凹ませたいと思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、効率よくお腹を凹ませるために知っておきたい「内臓脂肪」の落とし方と、トレーニングのコツ、そしてお腹を凹ませる「ドローイン」のやり方について解説しよう。

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.