日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > トピックス  > 最近よく聞く「多発性硬化症」ってどんな病気?  > 3ページ目
印刷

トピックス

最近よく聞く「多発性硬化症」ってどんな病気?

20~30代女性に多く、「見えにくい」「感覚が鈍くなる」など多彩な症状

 大橋高志=東京女子医科大学八千代医療センター神経内科准教授

確定診断は神経内科でされることがほとんど

本当にいろいろな症状が現れるのですね。ただ、例えば、疲れは日常で感じることもありますし、しびれや視覚の問題などはほかの病気で起こることもあります。区別が難しいと思うのですが、どのようにして、多発性硬化症と診断されるのでしょう?

視力が低下する、感覚が鈍くなるなどの症状が現れても診断までに時間がかかることがあります。(©habun-123rf)

大橋 確かに、これらの症状から、患者さん自身が多発性硬化症を疑って受診することはまずありません。多発性硬化症は神経内科の領域ですが、例えば、しびれや歩行障害があれば整形外科や脳外科、視覚に問題があれば眼科といった具合に、最初は症状に近い診療科にかかることがほとんどです。

 診断の決め手となるものとして、脳や脊髄のMRI(磁気共鳴画像診断装置)検査が挙げられます。MRIでは炎症を起こした部分が、白く特徴的に映し出されます。これが多発性硬化症に典型的な所見であれば、ほぼ判断がつきます。ただし、多発性硬化症と似た症状や画像所見の病気も多いので、その可能性を除外するために、髄液検査や血液検査といったほかの検査も行ってから診断を確定することになります。

 神経内科以外の科を受診した場合も、脳や脊髄のMRI検査をして、多発性硬化症らしき所見があれば、神経内科に紹介されることもよくあります。

 一方、見えにくさを感じても受診しないで治ってしまったり、しびれなどが出て整形外科を受診しても、レントゲン写真で異常がないとされたりする経過をたどり、なかなか多発性硬化症にたどり着かないケースもあります。また、MRI検査で疑わしい所見が見られても、確定診断に至らない場合は、繰り返しMRI検査をして変化を確認することが必要になることもあります。場合によっては診断までに時間がかかることも覚えておいてほしいと思います。

多発性硬化症と診断されると、どのような経過をたどるのでしょうか。

大橋 患者さんの多くは、初めて症状が出たあと、症状が一時的に改善する「寛解(かんかい)」と、症状がひどくなったり、新たな症状が出たりする「再発(急性増悪)」を繰り返し、その後、徐々に症状が悪化していきます。

 再発と寛解を繰り返すものの、症状の進行が見られない時期は「再発寛解型MS」と呼ばれ、症状が徐々に悪化して進行するようになると「二次進行型MS」と呼ばれます。再発寛解型MSと診断された患者さんのうち、約8割が二次進行型MSに移行するといわれています。ただ、経過は人によって様々で、再発の間隔も異なります。おおよその目安では、10~20年程度で二次進行型MSに移行していくことが多いようです。その間、脳の萎縮も徐々に進んでいくので、認知機能なども低下していきます。

【MSのタイプと症状の現れ方】

  • 再発寛解型MS

     急に症状が現れるが、再発と再発の間では寛解している。後遺症が残ることがあるが、明らかな症状の進行はみられない。二次進行型MSに移行するまでに10~20年かかる。

  • 二次進行型MS

     再発寛解型の後、徐々に症状が進行していく段階。

  • 一次進行型MS

     再発寛解の時期を経ず、初期から病状が徐々に進行していく。進行が一時止まったり、わずかに改善したりすることがある。

多発性硬化症の治療法にはどのようなものがありますか。

大橋 現在のところ、根治にいたる治療法は確立されていません。ただ、早期に診断することで、再発を抑えたり、進行を遅らせたりすることはできます

 症状が激しく出ている再発期(急性増悪期)には、病巣の炎症を抑える高用量のステロイドの点滴を行うのが一般的です。症状が治まっている寛解期には、再発や進行を抑えるために、インターフェロンβという注射剤などでの治療を行います。

 近年ではグラチラマー酢酸塩(商品名コパキソン)が発売、フマル酸ジメチル(テクフィデラ)が承認される予定であり、治療の選択肢は広がっています。

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.