日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > トピックス  > 最近よく聞く「多発性硬化症」ってどんな病気?  > 2ページ目
印刷

トピックス

最近よく聞く「多発性硬化症」ってどんな病気?

20~30代女性に多く、「見えにくい」「感覚が鈍くなる」など多彩な症状

 大橋高志=東京女子医科大学八千代医療センター神経内科准教授

多発性硬化症の症状は多岐に渡る

例えば、どんな症状が現れるのでしょうか。

大橋 多発性硬化症の症状は実に多岐にわたります。大脳、小脳、脳幹、視神経、脊髄のどの場所に脱髄が起こるかによって、症状の現れ方やその程度は人それぞれです。脱髄は中枢神経のあちらこちらに発生しますので、毎回異なる症状が出ることもあります。さらに、脱髄は修復されてはまた繰り返し起こるので、症状も出たり治ったりを繰り返します。

 多発性硬化症の患者さんによく見られる症状には、次のようなものがあります。

表1◎ 多発性硬化症によく見られる症状
感覚障害しびれやうずき、首を前に曲げた(または顎を引いた)ときに感電したようなしびれが走る(レルミット徴候)、温度が分かりにくい、感覚が鈍るなど
運動障害手や足に力が入らなくなる、歩行や運動がしづらくなるなど
視覚障害視力が低下する、視界がぼやける、視野が欠ける、ものが二重に見える、色の区別がつきづらくなるなど
疲労動くとすぐに疲れる、1日中極度の疲労感がある、いきなりスイッチを切ったように動けなくなるなど
痛み腕、下肢、胴体、顔に、チクチクと針で刺すような痛み、ヒリヒリと焼けつくような痛み、キリキリと締めつけられているような痛みがある、手足を動かすと痛みを伴って突っ張る(有痛性強直性けいれん)など
平衡機能障害・ふるえふらついてまっすぐ歩けなくなる、手を動かしたときに震えるなど
認知機能・感情障害記憶力・集中力・判断力の低下、抑うつなど
排尿障害頻尿、急に尿意をもよおす、尿が出にくい、漏らすなど
性機能障害勃起不全、射精不十分、感覚の低下など

 多発性硬化症の症状の出現頻度について調べた研究から、上記のうち、「感覚障害」「運動障害」「疲労」の頻度が高いことが示唆されています。

 また、多発性硬化症の患者さんに特徴的な「ウートフ現象(温浴効果)」と呼ばれるものもあります。これは、脱髄した部分が温度の影響を受けやすくなるために、運動、入浴、発熱、温かいものの飲食などで体温が上昇すると、一時的に症状が現れたり、悪化したりする現象です。これは一過性のものなので、体温が下がると元に戻ります。

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悩ましい「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法

    放っておいても失明につながる心配はないものの、日常生活に不便をもたらしたり、疲れや肩こりなどの体の不調を引き起こす、悩ましい目の症状。今回は、そうした「ちょっと困った目の症状」の代表例である「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法をまとめていく。

  • 「眠れない」を解消して抵抗力を高める、3つのNGと6つのテク

    暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、不眠を解消するための3つのNGと、6つの快眠テクニックを紹介する。

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.