日経Gooday TOP  > からだケア  > トピックス  > 健康的な老後のために、「認知症」「がん」よりも気になるのは?  > 2ページ目

トピックス

健康的な老後のために、「認知症」「がん」よりも気になるのは?

親世代の心配と、子世代の親に対する心配の内容にギャップあり

 鈴木英子=ニューズフロント

 下の世代で、「親や祖父母が近年、目が悪くなった、以前より見えにくくなったと思う」(「そう思う」と「ややそう思う」の合計)という人は41.9%にとどまり(図4)、本人世代の約8割は目が悪くなった自覚がある中で、下の世代にあまり伝わっていない。

図4◎ 親や祖父母が近年、目が悪くなった、以前より見えにくくなったと思うか(下の世代)
図4◎ 親や祖父母が近年、目が悪くなった、以前より見えにくくなったと思うか(下の世代)

 本人世代の半数(50.6%)は、目が悪くなったと感じた際に、下の世代に「機会があれば伝える」としているものの、「必ず伝える」は約2割(23.8%)のみで、6人に1人(16.3%)は「伝えない」と答えた。

目の健康のために行っていること、3割が「特にない」

 目の健康のために実施していることは、「特にない」(29.2%)との回答が最も多く、次いで「気になる症状があったら、すぐに眼科に行く」(29.0%)、「定期的に眼科で検診を受けている」(24.8%)が続いた(図5)。また、「家族と、見え方についてコミュニケーションをとっている」はわずか4.1%だった。

図5◎ 目の健康のために実施していること(本人世代)
図5◎ 目の健康のために実施していること(本人世代)

 回答者全体の半数(50.9%)は、アイコンタクトによるコミュニケーションを大切だと感じた経験があり、具体的には「自動車や自転車に乗っていて、目と目でお互い認識していると感じられるので、事故を未然に防げる」(50代男性)、「怪しい電話がかかってきた時に、家族にアイコンタクトで知らせた」(70代女性)といった意見が寄せられた。

先頭へ

前へ

2/2 page

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.