日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > トピックス  > 世界初、失われた陰茎が移植で回復  > 3ページ
印刷

トピックス

世界初、失われた陰茎が移植で回復

脳死ドナーからの移植後3カ月で全ての機能が回復

 大西淳子=医学ジャーナリスト

 それゆえ、命にかかわらない臓器移植の場合には、基本的に、移植によって得られる利益と免疫抑制剤がもたらす害のバランスが考慮されます。たとえば先頃、世界で初めて子宮移植を受けて妊娠・出産に成功した女性の場合には、移植を行ったスウェーデンGothenburg大学のMats Brannstrom氏らが提示した「医学的な理由から、移植子宮は最大で2回の妊娠に成功した後に摘出する」という条件に同意したうえで手術を受けました(*3)。

術後、患者のガールフレンドが妊娠

 今回、南アフリカ共和国で陰茎移植を受けた患者の陰茎がいつまで、拒絶反応なしに機能する状態を維持できるかは、全くわかりません。が、さらにうれしい驚きもあったようです。van der Merwe氏は2015年6月に、米CNNのインタビューに答えて、「患者のガールフレンドが妊娠4カ月で、11月には出産する予定だ」と述べたとのこと。患者は術後1年たたずに、父親になれそうです。

 日本では、臓器移植は主に、移植以外に生きながらえる方法のない患者の「命を救う」ために行われています。陰茎の喪失は、生命には影響せず、障害について他人に知られることもほとんどない状態ではありますが、男性本人にとっては「死ぬよりもずっと辛い」ことではないでしょうか。たとえ、その後に感染症やがんになったとしても、正常に機能する陰茎がほしい、という気持ちに応える医療もまた、患者の「命(人生)を救う」ように思います。

*3 Brannstrom M, et al. Livebirth after uterus transplantation. Lancet. 2015; 385:607-616.

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

  • 60代以降で急増! 男を悩ませる前立腺の病気

    中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.