日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > トピックス  > 世界初、失われた陰茎が移植で回復
印刷

トピックス

世界初、失われた陰茎が移植で回復

脳死ドナーからの移植後3カ月で全ての機能が回復

 大西淳子=医学ジャーナリスト

 2014年12月、南アフリカ共和国の医師たちが、陰茎を失った21歳の若者に、脳死者から提供された陰茎を移植する実験的な治療を行いました。患者と医師たちは、その後たった3カ月で、移植された陰茎が、あらゆる面において正常に機能することを確認しました。この画期的なニュースは世界中で驚きをもって受け止められています。

南アでは年に250人程度が陰茎切除を余儀なくされている

患者は陰茎移植後3カ月で排尿と生殖の機能を取り戻した。(©XiXinXing / PIXTA)

 世界初の成果を生んだのは、南アフリカ共和国Stellenbosch大学泌尿器科の教授であるAndre van der Merwe氏に率いられた、同大学とTygerberg病院の医療チームです。手術の成功は、南アフリカ共和国の医療の質が高いことと、南アフリカ共和国では患者中心の医療が実践されていることを示すよい例だ、と研究者たちは考えています。

 これまで、陰茎を失った患者が外科的治療を望む場合には、陰茎再建術が行われてきました。これは、本人の腕から皮膚や筋肉を採取し、陰茎の形に整形して元の位置に植える治療です。シリコン製などのプロテーゼ(支柱)を入れれば性交は可能ですが、日常生活において煩わしい、または、操作が難しい、といった欠点を持ちます。体内に異物を挿入するため、合併症が発生する可能性もあります。

 同大学が2015年3月13日に発表したリリース(*1)によると、手術は2014年12月11日に、Tygerberg病院で9時間をかけて行われました。

 対象となったのは、3年前に受けた割礼後に深刻な合併症を発症し、生命を守るために陰茎を切除された21歳の男性です。

 南アフリカ共和国の一部の種族は、伝統的な成人儀式の一環として割礼を行います。不衛生な環境で、日常生活に用いられる刃物を使って行われる割礼によって、傷口の感染などの合併症が頻発し、毎年何人もの若い男性が陰茎切除を余儀なくされています。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • あなたの腎臓、大丈夫? 急増する慢性腎臓病を防ぐ

    普段あまり意識することの少ない「腎臓」。だが近年、人口の高齢化に伴い、慢性腎臓病から人工透析へと至る患者が急増している。腎臓は、ひとたびその機能が失われると、坂道を転がり落ちるように悪化していく。そうなる前に腎臓の異常を察知し、腎機能の悪化を食い止めるにはどうすればいいのか。重要ポイントをまとめた。

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.