日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > トピックス  > 暑さが和らいでも危険!運動時の熱中症  > 2ページ
印刷

トピックス

暑さが和らいでも危険!運動時の熱中症

「猛暑日ではないから大丈夫」といった油断は禁物

 塚越小枝子=フリーライター

運動時は体温上昇のリスクが高いのが原因

 なぜ運動中の熱中症は、暑さのピークを過ぎた時期にも発生するのだろうか。それは、運動時は体温が上昇しやすいことと関係している。

 熱中症は、主に暑い環境下で体温調節などの身体適応能に過剰な負担がかかることで起こりやすくなる。身体が暑いと判断すると温まった血液をより多く皮膚に集めて体表面の温度を上昇させ、外気との温度差で皮膚表面から外へ熱を放散することで体温を下げようとする。つまり、皮膚に接する空気の温度が低いほど皮膚表面から空気へ伝わる熱が多くなる。

 それとは反対に、空気の温度が皮膚の温度より高い時には、熱が体に流れ込み体温が上昇する。すると今度は汗をかいて、汗が蒸発するときの気化熱を空気が奪うことを通じて、体温を下げようとする。

 これが大まかな体温調節のしくみだが、皮膚への血流増加と発汗はどちらも血液を材料としているため、適切な水分補給によって血液が確保されないままで運動を継続すると、脱水が進んだ結果として体温調節機能が適切に働かなくなり、過度の体温上昇が起こり熱中症を発症するのだ。

 運動中は筋肉でつくられる熱量が増え、例えば1時間歩いたときで安静時の約3倍の熱を発生する。長時間の、激しい運動になればなるほど体の中心部では熱が大量につくられる。こうした熱の産生は、太陽からの放射、地面からの反射による輻射熱、湿度や気流などにも左右される。

 つまり、夏の炎天下での運動は、自分の体がつくり出す熱に加え、こうした外的要因によって体温が上がりやすくなるため、熱中症のリスクにつながるのだ。だが、暑さのピークを過ぎた時期や時間帯でも熱中症が発症することは少なくない。「特に持久走やダッシュの繰り返しのような、大量の熱を継続してつくり出すような運動をしているときは要注意。また、室内でも、たとえば剣道のように防具を着用していれば熱の放散が制限されてしまうなどしし、熱中症が起こり得るので注意が必要」と只野さんは強調する。

【図2】運動時(特に炎天下)では、体温上昇の可能性が増加
日本体育協会「スポーツ活動中の熱中症予防ガイドブック」掲載の図より改編
[画像のクリックで拡大表示]

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 男性も無関係ではない骨粗鬆症、飲酒・喫煙・高血糖はリスク

    骨がスカスカになってもろくなり、骨折の危険性が増すのが「骨粗鬆症」だ。急速な高齢化に伴って患者数が増えており、日本骨粗鬆症学会などによると、日本における患者数は現在1300万人と推定されている。骨粗鬆症というと女性のイメージがあるが、男性の患者数は300万人と見られている。本特集では、骨粗鬆症が起きる仕組みから、気をつけたい生活習慣、そして骨を強くするための対策までを一挙に紹介する。

  • 「股関節」は全身の要! 股関節の状態が健康寿命を左右する

    自分の足で歩ける体を維持したいなら、筋肉はもちろん、体を支える骨とその骨同士をつなぐ関節の維持が極めて重要だ。特に上半身と下半身をつなぐ股関節は、人間の体の中で最も大きな関節で、体の中で最も酷使されている関節の一つ。股関節を維持できるかどうかが、「歩く力」の維持に重要となってくる。本特集では、股関節の基礎知識から健康の保ち方までを一挙に紹介する。

  • 「糖尿病」は予備群のうちに手を打つ

    話題の「食後高血糖」や「血糖値スパイク」って? 気になる最新情報を総まとめ

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.