日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > トピックス  > フェルプス選手も利用するカッピング・セラピー、プラセボ効果が好成績を後押し?
印刷

トピックス

フェルプス選手も利用するカッピング・セラピー、プラセボ効果が好成績を後押し?

「信じる気持ちはプラセボ効果を生む」との見解も

 大西淳子=医学ジャーナリスト

 2016年8月7日、米国のマイケル・フェルプス選手が通算19個目となる金メダルを獲得した、リオデジャネイロ五輪・競泳男子400mリレー。この白熱のレースのTV中継で世界の人々の目を引きつけたのは、泳ぐ前の彼の右肩に残る紫色の丸いアザのようなものでした。レース後、フェルプス選手は西欧メディアに対し、カッピング・セラピー(吸い玉療法)の跡だと説明しました。

欧米でアスリートとセレブに人気

カップを付けて中の空気を吸引し、数分間放置する。(©Sylvain Robin-123rf)

 リオ五輪ではほかにも、体操競技に出場した米国のアレクサンダー・ナドゥール選手などがカッピング跡をつけて競技に出場していました。テニスで金メダルをとった英国のアンディ・マレー選手も、カッピング・セラピー愛好者です。

 ハンマー投げ金メダリストの室伏広治選手は、現役期間にカッピングを利用していたことを公表しています。アスリートたちは、カッピングが、酷使している筋肉の痛みの軽減に役立つと考えているようです。

 海外セレブの間でもカッピングが流行しています。マドンナ、レディ・ガガ、ジャスティン・ビーバーなどが、カッピング跡を自慢げに曝した写真をSNSにアップしています。ハリウッド・セレブはもっと以前からカッピング・セラピーを受けていました。グウィネス・パルトローは2004年に、カッピング跡が残る背中の写真を撮られていました。ジェニファー・アニストン、ジェシカ・シンプソン、ビクトリア・ベッカムなども、ドレスからのぞくカッピング跡を目撃されています。

専用のカップを痛む部位に付けて空気を吸い出す

 日本では吸い玉療法とも呼ばれるカッピング・セラピーは、古代エジプト、古代中国などでも行われていた、伝統的な代替療法です。専用のカップを背中の痛む部位などに付けて中の空気を吸い出し(今は吸引ポンプを使うことが多い)、数分間放置する方法(ドライ・カッピング)が一般的ですが、本場中国では、ツボの位置に小さな傷をつけてカップで覆い、減圧して、積極的に出血させるウェット・カッピングも盛んに行われています。ただし、施術後は、出血部位の感染に気を付ける必要があるため、アスリートには不向きです。

 カッピングは、有害物質の排出を促し、血流をきれいにし、血行をよくすると考えられています。しかし、カッピングについて調べた研究は、中国以外ではわずかしか見られていません。それでも、カッピング・セラピーに関する臨床試験を網羅的に調べて分析した研究がいくつかありました。

1/2 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.