日経グッデイ

トピックス

リオ・パラリンピック「車いすバスケ」の関心高く

9月7日より開幕、観戦意向は6割程度

 鈴木英子=ニューズフロント

 日本リサーチセンターは、ブラジル・リオデジャネイロ開催の第31回オリンピック大会およびパラリンピック大会に関する調査結果を発表した。それによると、パラリンピック競技に対する関心度や認知度はまだ低いが、中にはオリンピック競技より関心を集めているものもあり、今後パラリンピック競技全体の関心が高まることが期待される。

 8月22日に幕を下ろしたリオデジャネイロオリンピックで、日本は金メダル12、銀メダル8、銅メダル21との結果になった。9月7日にはパラリンピックが開幕する。

 全国の15~79歳の男女1200人にアンケート調査(調査期間:2016年7月6日~18日)を実施したところ、リオオリンピックの28競技と開会式および閉会式のうち、視聴意向が最も高いのは「体操」(54%)。次いで「水泳」(52%)、「陸上競技」(49%)、「開会式」(48%)が続いた(図1)。

図1◎ リオオリンピック大会で、テレビなどで観戦したいと思うものは
[画像のクリックで拡大表示]

 約5割が開会式を見たいと思う一方、「閉会式」の視聴意向は3割(30%)にとどまった。また16%が「いずれもなし」と答え、6人中1人以上はオリンピック観戦に興味がない。

 リオパラリンピックについて22競技のうち知っているものを聞くと、「車いすバスケットボール」(61%)の認知度が最も高く、「陸上競技」(58%)、「車いすテニス」(54%)、「水泳」(47%)と続いた(図2)。

図2◎ リオパラリンピック競技で知っているものは
[画像のクリックで拡大表示]

 一方で17%が「いずれもなし」と回答し、約2割がリオパラリンピックの競技を全く知らなかった。

テレビで観戦したいパラリンピック競技は

 テレビなどで視聴したいものでは「陸上競技」(26%)、「車いすテニス」(25%)、「開会式」(23%)、「水泳」(21%)、「車いすバスケットボール」(20%)が上位に並んだが、いずれの意向率も3割を下回った(図3)。

図3◎ リオパラリンピック大会で、テレビなどで観戦したいと思うものは
[画像のクリックで拡大表示]

 また「いずれもなし」との回答が全体の4割強(41%)を占め、パラリンピックへの関心度の低さがうかがえる。

 ただし「車いすテニス」や「車いすバスケットボール」の観戦意向は、オリンピック競技の「テニス」(27%)や「バスケットボール」(10%)とほぼ同等かそれより高く、パラリンピック競技全体への関心につながる可能性もある。

 今までにパラリンピック大会をテレビなどで視聴した経験がある人は47%、今年になってからパラリンピック競技に関する特集を視聴した人は35%だった(図4)。さらに、47%がリオパラリンピックをテレビなどで観戦すると思うと答えた。

図4◎ パラリンピック大会や競技の視聴経験・視聴意向
[画像のクリックで拡大表示]