日経グッデイ

トピックス

医師がてんかんになったら、どうなる?

 中里信和(東北大学てんかん科教授)

 去る8月16日の夜に、東京・池袋の繁華街で乗用車が暴走し、通行人を死傷させた事故。この事故で車を運転していて逮捕された医師に、てんかんの持病があることが報道されました。仕事がら、医師がてんかんになるケースを見聞きしているという東北大学てんかん科教授の中里信和さんは、「医師がてんかんになると、治療に難儀しやすい」と語ります。

 先日、東京都豊島区のJR池袋駅近くで乗用車事故が起き、てんかんを罹患している医師が逮捕されるという事件がありました。最初にお断りしますが、このコラムの内容は、特定の個人や事件を対象とはしていませんし、この事故に関しては、真相が解明されてからコメントすべきものと考えておりますので、ここではこれ以上触れません。

 とはいえ、この事故の直後から、多くの方々に同じようなコメントを頂戴しました。「医師でもてんかんになるんだね」ですとか、「医師ならきちんと治療を受けるだろうし、主治医の言うことも守るよね」と。私は仕事がら、医師がてんかんになるケースを見聞きしています。一般の方々のてんかん診療に対する誤解を解く良い機会と考えて、本稿を書かかせていただきたいと思います。

 さて、てんかんは100人に1人が有する疾患で、脳をお持ちなら誰でも、何歳からでも発症する可能性があります。「○○がてんかんになったら」というコラムは何万通りも書けます。

 では、「医師がてんかんになったら」、どうなるでしょうか。治療に難儀しやすいことは、同業者ではよく知られた事実です。

 内科勤務医で40歳代のAさんが自宅で全身けいれんを初発しました。救急外来から神経内科医に移り、画像検査や脳波で異常がないことから経過観察になりました。1カ月後に2度目の全身けいれんがあったので治療開始となりました。

 しかし、ここからが問題です。てんかん専門医が詳細な病歴を聴取した上で病型別に治療薬を選ぶのであれば良いのですが、医師自身が罹患している場合はかなりの医師が自己判断で自分の知っている薬を処方しがちです。私がかつて医師(=患者)を診察した際にも、専門外なのに自分で薬を選んだ方がいました。服薬法を自己調整して失敗した方になると、かなりの数です。日本ではバルプロ酸を処方する医師が多いということは以前のコラムで書きました。もしAさんが全般性てんかんであれば再発する可能性は低いのですが、局在関連てんかんなら心配です。疫学的には後者の確率が3倍ほど大きいのです。

医師の家族がてんかんになると

 家族がてんかんになったことで大騒ぎになった事例が多数あります。外科勤務医であるBさんの20歳代のお嬢さんが、側頭葉てんかんであることが判明しました。娘に対し、Bさんは「てんかんの薬を飲むのだから妊娠してはいけない」と説明したそうで、娘本人とその母親は私の外来に悲壮な表情で訪れたのでした。

 あれから数年、Bさんには2人目のお孫さんが誕生しました。お嬢さんはもちろん発作ゼロです。

神経系専門医がてんかんになったら

 神経系専門医がてんかんになった場合、話はますますややこしくなります。世間一般の感覚では、「神経内科、脳神経外科、精神科医、小児神経科などの医師はてんかんに詳しいはず」と思うでしょう。これが危ないのです。

 30歳代のCさんは、神経内科の専門医を取得した頃、当直明けに全身けいれんを初発したことから、抗てんかん薬を服用しています。実はまだ全身けいれんの発作が起こることがあるのですが、年に数回、それも夜間の睡眠中だけであったために治療薬を変えることなく経過しました。ある日、勤務中に突然動作が停止し、手をモゾモゾと動かしたり、口をモグモグさせる発作を同僚の看護師が目撃します。そこでようやく、側頭葉てんかんと診断されたそうです。実は発症直後に同僚のてんかん専門医が診察をしていたのですが、この典型的な複雑部分発作の存在を聴取していなかったことが判明しました。この同僚は、相手(Cさん)も神経内科医であったことから、わざわざ聴取しなかったと弁明していました。

 本来、てんかん専門外来では患者から根掘り葉掘り聞き出すことが大切です。全身けいれんは診断の役にはたちません。神経系専門医も含め、多くの医師は全身けいれんの有無のみに基づいて診療しているのが現実です。

てんかん専門医がてんかんになると

 では、「てんかん専門医がてんかんになったら」どうでしょうか? 幸い私は診察した経験がありませんが、決して油断はできないでしょう。発作の場に居合わせた人からの詳細な病歴聴取はもちろんですが、できることなら複数の専門医に診察してもらうことが必要です。そして確定診断に至らない場合には、ビデオ脳波モニタリング検査を迷わず受けるべきでしょう。

 ここまでの話をまとめると、患者が医師だろうが医療関係者だろうが、てんかん専門診療においては素人を相手にしていると思うことが大切です。てんかんの多様性を全部詳しく把握している医師はいないと思った方が正解です。

 え!「私(てんかん科の教授)がてんかんになると」どうなるかって? もちろん自己判断せず、スタッフのお世話になります。恥ずかしくても脳波検査や心理検査も受けますよ。転んでもただでは起き上がらない私ですから、きっと自分の闘病経験を活かして啓発活動に邁進するに違いありません。ピンチをチャンスに。「てんかんがあろうがなかろうがベストの人生を自分で作り出せ」というのが私たちてんかん科のスローガンなのですから。

中里信和(なかさとのぶかず)氏
東北大学てんかん科教授
中里信和(なかさとのぶかず)氏 1984年東北大学医学部卒。東北大学脳神経外科研修医・同助手、カリフォルニア大学ロサンゼルス校医学部研究員、広南病院臨床研究部長・同副院長などを経て、2010年より現職。国際てんかん連盟ガイドライン委員会委員。
この記事は、日経メディカルからの転載です。
日経グッデイ春割キャンペーン