日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > トピックス  > 医師がてんかんになったら、どうなる?  > 2ページ
印刷

トピックス

医師がてんかんになったら、どうなる?

 中里信和(東北大学てんかん科教授)

神経系専門医がてんかんになったら

 神経系専門医がてんかんになった場合、話はますますややこしくなります。世間一般の感覚では、「神経内科、脳神経外科、精神科医、小児神経科などの医師はてんかんに詳しいはず」と思うでしょう。これが危ないのです。

 30歳代のCさんは、神経内科の専門医を取得した頃、当直明けに全身けいれんを初発したことから、抗てんかん薬を服用しています。実はまだ全身けいれんの発作が起こることがあるのですが、年に数回、それも夜間の睡眠中だけであったために治療薬を変えることなく経過しました。ある日、勤務中に突然動作が停止し、手をモゾモゾと動かしたり、口をモグモグさせる発作を同僚の看護師が目撃します。そこでようやく、側頭葉てんかんと診断されたそうです。実は発症直後に同僚のてんかん専門医が診察をしていたのですが、この典型的な複雑部分発作の存在を聴取していなかったことが判明しました。この同僚は、相手(Cさん)も神経内科医であったことから、わざわざ聴取しなかったと弁明していました。

 本来、てんかん専門外来では患者から根掘り葉掘り聞き出すことが大切です。全身けいれんは診断の役にはたちません。神経系専門医も含め、多くの医師は全身けいれんの有無のみに基づいて診療しているのが現実です。

てんかん専門医がてんかんになると

 では、「てんかん専門医がてんかんになったら」どうでしょうか? 幸い私は診察した経験がありませんが、決して油断はできないでしょう。発作の場に居合わせた人からの詳細な病歴聴取はもちろんですが、できることなら複数の専門医に診察してもらうことが必要です。そして確定診断に至らない場合には、ビデオ脳波モニタリング検査を迷わず受けるべきでしょう。

 ここまでの話をまとめると、患者が医師だろうが医療関係者だろうが、てんかん専門診療においては素人を相手にしていると思うことが大切です。てんかんの多様性を全部詳しく把握している医師はいないと思った方が正解です。

 え!「私(てんかん科の教授)がてんかんになると」どうなるかって? もちろん自己判断せず、スタッフのお世話になります。恥ずかしくても脳波検査や心理検査も受けますよ。転んでもただでは起き上がらない私ですから、きっと自分の闘病経験を活かして啓発活動に邁進するに違いありません。ピンチをチャンスに。「てんかんがあろうがなかろうがベストの人生を自分で作り出せ」というのが私たちてんかん科のスローガンなのですから。

中里信和(なかさとのぶかず)氏
東北大学てんかん科教授
中里信和(なかさとのぶかず)氏 1984年東北大学医学部卒。東北大学脳神経外科研修医・同助手、カリフォルニア大学ロサンゼルス校医学部研究員、広南病院臨床研究部長・同副院長などを経て、2010年より現職。国際てんかん連盟ガイドライン委員会委員。
この記事は、日経メディカルからの転載です。

先頭へ

前へ

2/2 page

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト 日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.