日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > トピックス  > 医師の8割近くは機能性食品の利用を容認
印刷

トピックス

医師の8割近くは機能性食品の利用を容認

医師2975人に聞く「機能性表示食品、どう思う?」

 内山郁子=日経メディカル

 6月から販売が始まった機能性表示食品。この「新しい枠組みの健康食品」について、医師はどの程度認知しているのだろうか。患者が機能性表示食品や特定保健用食品など、健康維持に役立つとされる機能性食品を利用することに対して医師はどう考えているのだろうか。日経メディカル Onlineの会員医師を対象に、機能性表示食品の認知度や容認度などを尋ねた。

 認知度についての設問では、「詳細な知識あり」「簡単な知識あり」「販売されることは認知」「ほとんど知らない」の、4つの選択肢を提示。その結果、詳細な知識を持っている医師は3.4%、簡単な知識を持っている医師は14.2%を占めたが、44.0%は販売されることを認知しているにとどまった。機能性表示食品について、ほとんど(あるいは全く)知らないと回答した医師は38.4%だった(図1)。

図1 今年4月からスタートした「機能性表示食品」制度について、どのくらいの知識をお持ちですか?

 次に、患者からの相談応需経験を尋ねた。機能性表示食品と特定保健用食品のそれぞれについて聞いたところ、「どちらについても相談を受けたことがある」との回答は11.2%、「機能性表示食品について相談を受けたことがある」との回答は5.5%で、合わせて16.7%の医師が機能性表示食品に関する相談応需経験があることが分かった。

 一方、特定保健用食品についてのみ相談を受けたことがある医師は16.6%。どちらの食品についても相談を受けたことがない医師は66.7%と、全体の3分の2に達した(図2)。

図2 機能性表示食品や特定保健用食品に関して、患者から質問や相談を受けたことはありますか?

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

  • 「ウォーキング」「ジョギング」 大きな健康効果を得るための小さなコツ

    ウォーキングやジョギングなどの「有酸素運動」には、「コロナ太り」の解消や、生活習慣病の予防、免疫力アップなどが期待できる。ただし、漫然と歩くだけでは運動効果は低いし、かといって本格的なジョギングは運動初心者にはハードルが高い。そこで運動効果の上がる歩き方と、初心者でもできる走り方のコツを紹介する。

  • 悩ましい「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法

    放っておいても失明につながる心配はないものの、日常生活に不便をもたらしたり、疲れや肩こりなどの体の不調を引き起こす、悩ましい目の症状。今回は、そうした「ちょっと困った目の症状」の代表例である「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法をまとめていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.