日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > トピックス  > 医師の8割近くは機能性食品の利用を容認
印刷

トピックス

医師の8割近くは機能性食品の利用を容認

医師2975人に聞く「機能性表示食品、どう思う?」

 内山郁子=日経メディカル

 6月から販売が始まった機能性表示食品。この「新しい枠組みの健康食品」について、医師はどの程度認知しているのだろうか。患者が機能性表示食品や特定保健用食品など、健康維持に役立つとされる機能性食品を利用することに対して医師はどう考えているのだろうか。日経メディカル Onlineの会員医師を対象に、機能性表示食品の認知度や容認度などを尋ねた。

 認知度についての設問では、「詳細な知識あり」「簡単な知識あり」「販売されることは認知」「ほとんど知らない」の、4つの選択肢を提示。その結果、詳細な知識を持っている医師は3.4%、簡単な知識を持っている医師は14.2%を占めたが、44.0%は販売されることを認知しているにとどまった。機能性表示食品について、ほとんど(あるいは全く)知らないと回答した医師は38.4%だった(図1)。

図1 今年4月からスタートした「機能性表示食品」制度について、どのくらいの知識をお持ちですか?

 次に、患者からの相談応需経験を尋ねた。機能性表示食品と特定保健用食品のそれぞれについて聞いたところ、「どちらについても相談を受けたことがある」との回答は11.2%、「機能性表示食品について相談を受けたことがある」との回答は5.5%で、合わせて16.7%の医師が機能性表示食品に関する相談応需経験があることが分かった。

 一方、特定保健用食品についてのみ相談を受けたことがある医師は16.6%。どちらの食品についても相談を受けたことがない医師は66.7%と、全体の3分の2に達した(図2)。

図2 機能性表示食品や特定保健用食品に関して、患者から質問や相談を受けたことはありますか?

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.