日経グッデイ

トピックス

大腸がんの患者数、男性で初めて1位に

女性でも乳がんとともに大腸がんの増加が顕著

 鈴木 英子=ニューズフロント

 国立がん研究センターが、全国のがん診療連携拠点病院における診療実績を集計した結果によると、男性のがんでは、2007年に集計を開始して以来初めて、大腸がんが1位になった。

 今回が7回目となる同集計では、拠点病院409施設を対象に、2013年1月1日~12月31日の1年間の診療実績をまとめた。2013年に、自施設でがんと診断、または他の病院で診断されたのち自施設を初めて受診した、すべてのがんおよび脳腫瘍の患者数を示す「全登録数」は、前年から4万2895例増え、65万6272例に達した。

男性では初めて大腸がんがトップに

 男性の5大がん(胃、大腸、肝臓、肺、前立腺)では「大腸」が「胃」を初めて上回り、女性の5大がん(胃、大腸、肝臓、肺、乳房)では「乳房」と「大腸」の増加が他の部位より著しい傾斜を示した。「肝臓」は男女とも2010年以降、やや横ばい傾向が続いている。

 男女の部位別登録数を見ると、男性は「大腸」(5万4601例)が最も多く、次いで「胃」(5万2807例)、「前立腺」(5万257例)、「肺」(5万255例)、「肝臓」(1万7266例)の順となった。前年と比べた増加率も「大腸」が8%増とトップで、「肺」が6%増、「胃」が4%増、「前立腺」が4%増、「肝臓」が3%増だった(図1)。

図1◎ 男性の部位別登録数
男性のがん部位別登録数
[画像のクリックで拡大表示]

女性は依然、乳がんの患者数が多く

 女性は「乳房」(6万4552例)が他を大きく引き離し、以下「大腸」(3万6929例)、「肺」(2万2762例)、「胃」(2万2458例)、「肝臓」(7394例)が続いた。前年と比べた増加率は「大腸」が10%増で最も高く、「乳房」が7%増、「胃」が6%増、「肺」が5%増。「肝臓」はほとんど変わらなかった(図2)。

図2◎ 女性の部位別登録数
女性のがん部位別登録数
[画像のクリックで拡大表示]

全体では、「大腸」「胃」「肺」「乳房」で約半数を占める

 男女合わせた部位別の登録割合は、「大腸」(14%)が1位、「胃」(12%)が2位、「肺」(11%)が3位、「乳房」(10%)が4位、「前立腺」(8%)が5位と続いた。「子宮頸部」(6位)が順位を上げて「肝臓」(7位)と入れ替わったほか、「膀胱」(11位)がランク外に下がった代わりに「膵臓」(9位)がランク内に入った(図3)。

図3◎ 男女合計の部位別登録割合
男女合計のがん部位別登録割合
[画像のクリックで拡大表示]

 詳細な集計結果は、同センターがん対策情報センターの「がん情報サービス がん登録・がん統計」サイトでも公開している。